新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAのダイヤモンドステータスは取得に10万プレミアムポイントが必要です。
これは単純に羽田ー伊丹間往復特割運賃に換算すると約60往復に相当します。(実際には色々加減算の要素がある)

しかもSFCの様な継続的に維持する方法がないので(ミリオンマイルという手がないわけではありませんが、一般人には関係ない世界)毎年更新しなければなりません。

問題のラウンジですが、会員あたり同行者一名まで無料、マイルかポイントで最大4人まで同伴者を増やせます。
つまりラウンジ利用券など使う機会は普通まずなく、余った利用券がこうしてネットオークションで出回る訳です。

ダイヤモンドは私の様な出張族でも、年によっては維持が困難になる程なので、ラウンジ入場券の転売ごときの小銭で取り消しになるのであれば、転売する人はいなくなるのは道理だと言えます。

世界の主要空港は、生き残りの為ラウンジの質を常に競っていますので、厳しいですがこうした処置は当たり前だと言えるかと思います。

(追記)
この記事では触れていませんが、周囲のダイヤ持ちの意見は、今年から選択式特典の選択肢としてラウンジ利用券が独立したので、他の選択特典、例えばスカイコイン6万円分(ラウンジ利用券の転売額は約3万円)などと比べてラウンジ利用券の魅力が激減し、単に発行枚数が大幅に減少したのが正解だと思うとのことでした。
なるほど、確かにそれも一因だと思います。
空港から出ずに帰ってきてマイルを貯める「修行僧」には驚きました。。。
ANAからすれば、一層のこと修行僧がよく乗る路線をターゲットにしたサービスを展開して(そういう往復する空港のラウンジ充実)、他社からの乗り換えを考えてもらうのはどうでしょうかね。

ラウンジはそこまでコストかからないでしょうし。
積み重ねたものが無くなるのは避けたくなりますよね。
>転売が発覚した場合は購入者を含め、ANAマイレージクラブ会員資格を取り消します」という注意事項も記載されている。
未だにお見かけしますね、ダイヤモンド修行をしている方々…
乗る距離が長い割には航空券が安い区間で修行されています。
最近では少なくなりましたが、LA便は昔は随分乗っていました。
→ビジネスクラスが比較的安かったため

最近ではLAでの入国審査が厳しくて、乗ってきた飛行機のリターンに間に合うようにアメリカに一旦入国する時間が掛かりすぎて、リスキーなので今はほとんどいないようです。
→成田便です。羽田便は時間に余裕があるので、まだいるかも…

私は、最近長時間飛行機に乗るのが苦痛になってきました。
ビジネスクラスだろうが、ラウンジを使えるといっても、あまり惹かれなくなって来ましたね。
出張が多いという、ただ、それだけの理由でダイヤモンド会員となり、かのラウンジを使わせていただいていますが…

クセがあるというか、個性が強い人が多くて、自分のような「ふつうのおじさん」には、ハードル高い感じです。

混んではいるけど、普通な感じのビジネス・ラウンジの方がストレスがたまらない感じ…庶民なのでしょうね。

「ラウンジ券」を転売して、お金に替えようとする人たちの層も利用しているということで、なんとなく私が感じていた違和感の一部も説明できる感じです。
本当だ。メルカリで検索すると、過去大量に取引されている。今は全く無い。

SUITE LOUNGE利用権利をCtoCで安価に購入できていたとなると、相当お得。100〜200万円相当の価値を、@5,000円前後で体験できる。
【雑記】ラウンジって、使い慣れていない人ほど「元を取ろう」とするよねw
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.31 兆円

業績