新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の利下げまでは、パウエル議長が説明したmid-cycle adjustment の範囲内と説明できますが、今後も利下げするとすれば、それは「調整」ではなく、本格的な金融緩和ということになります。

その意味でも、今回のFOMCは先行きに対してどのような展望を示すかが政策運営面で極めて重要であり、かつそれが市場に影響を与える可能性が高い訳です。

実体経済の状況を踏まえると、FOMCとしては、しばらく様子を見たい一方で、状況が悪くなったら機動的に対応する姿勢も示したいわけですが、それを上手く市場に伝えるのは簡単ではありません。

この点ではいわゆるdot chartがかえって市場をミスリードするリスクにも注意すべきだと思います。なぜなら、dot chartはあくまでも最も可能性が高いと思われる政策金利のパスを示すだけであり、そうした可能性の分布がどちらに傾いているのかは示せないからです。
「Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day.」