新着Pick
742Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンからSpotifyまで、様々なサービスの核となっている「レコメンデーション」。中でもNetflixのおすすめは「上手い」という評判をよく聞きます。今回、来日したNetflixのヨウ氏に、その仕組みについて説明してもらいました。

Netflixは引き続きオリジナルコンテンツに巨額の投資をしていますが、直近の決算では会員の伸び方が予想を下回るなど、「勝負のとき」に直面しているように感じます。たくさんコンテンツがある中で、いかにその人の好みに合うものを見せていけるか。引き続き注目していきたいです。
課金継続の鍵となる、視聴時間と視聴コンテンツ数。
レコメンデーションへのこだわり。

Netflixは時間がなくてまだ未利用ですが、Amazonプライム・ビデオとのコンテンツやレコメンデーションの差を感じるため試したくなる記事。
ヘイスティングスCEOはスタンフォード大学のコンピュータ・サイエンス出身で、データとAIを駆使してユーザを誘導する。このデータ駆動ビジネスに日本の放送局はどう立ち向かうのか。理系の経営者やデータサイエンティストは放送局に何人いるのか。ということを昨年ぼくは民放の集まりで何度も話したのですが、この記事で、作品のタグ付けを全て人力で行っていることを知りました。さらに、ここまで手の内をさらしても大丈夫というみなぎる自信を感じました。迫力があります。
礼賛コメントだらけなので敢えて批判的な観点から。
リコメンドの価値は十分理解だが、好きな時に好きなコンテンツを各人が楽しむという視聴形態において、パーソナライズを精緻化するほど飽きを早めるだけな気がする。
昔のテレビドラマであった「リアルタイム性」と「体験の共有」。月9の翌日のクラスでの盛り上がり、感想を言い先を予想しあう楽しみから遠ざかる方向性こそが、ネフリの死角かも知れない。
常に400項目以上ものテストがリアルタイムで行われているというNetflix。
簡単に真似できないからこそ、こうして語られるのでしょう。
中途半端なレコメンデーションやパーソナライゼーションならば、満足度を下げる要因になりかねません。

レコメンデーションの流れ
①作品ごとに、ジャンルやテーマなどをタグ付けする
②ユーザーの好みを学習する
③その人に合ったおすすめを表示する
作品の情緒的な内容も、AIはいずれ処理できるようになることでしょう。そうなれば、タガーというむずかしい作業の平準化が可能になりそうです。

オンラインコンテンツのサブスクリプションモデルでは、データ活用は必須。パーソナル化の技術の優劣が、勝敗を決めます。
「Tagger(タグ付けする人)」に重きを置いていることがポイントですよね。ともすると、単純なルールベーストで機械的に処理してしまうような作業。そこに造詣の深い社員をおき、適切な情報分類をしている。

後のデータ分析やそれを使ったレコメンドの価値は、データベースの精度によるところが大きい。どのような情報があるか、だけでなく、どのように分類されているか。データベースの価値は分類によって変わると実感できる記事でした。
タグにコスト・時間をかけていることは、長期でのデータ的な障壁になると思う。
「タグ付け」は一般に単純労働に見られがちだと思うが、正確かつ一貫してつけるのは相当に難しい。個人的にはがちがちのマニュアルではなくガイドラインで運用する中でどうやって一貫性を保っているのかなど、運用面が読んでいて気になった。
①作品ごとに、ジャンルやテーマなどをタグ付けする②ユーザーの好みを学習する③その人に合ったおすすめを表示するという流れ。
amazonのリコメンドは正確無比ですが、facebookやNetflixのものは、いまいちです。

何故か?amazonは「購買」という行動まで把握しています。

「閲覧」と「購買」の間には大きな距離がありますから。

facebookやNetflixは「閲覧」しか把握できません。

そのため、ある程度までは当たりますが、正確さには限界があります。

まぁ、その分、予想外のものもリコメンドしてくれるという楽しさはありますが…
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別インタビュー
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
92.6 兆円

業績

Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
13.4 兆円

業績