新着Pick
834Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イタリアと同様、フランスの街角という街角にはカフェがあり、そこに常連客が通っています。それぞれのカフェではコミュニティが存在しているように感じました。それをスタバのコンセプトにしたというセンスはすばらしい。

東京麹町のスタバでは、毎朝同じ人たちが、ほぼ同じ席に座っている。スタバには、確かにコーヒーを通じたコミュニティが存在しています。
コーヒー豆販売店だったスターバックスをグローバル企業に成長させたハワード・シュルツ元CEOの「イノベーターズ・ライフ」×「マスター・オブ・スケール」を本日から5日間連載します。

働く人と顧客を大切にするシュルツ氏の原点は、貧しかった幼少期に見た父親の苦労と挫折にありました。
2020大統領選出馬の噂もあるが如に?
個人的には90年代前半くらいまではどこに行ってもくそ不味かったアメリカのコーヒーを、そしてその後世界のそれを一変させた人類への功績は冗談抜きに計り知れないと思う。スタバが出来たお陰でドトールもその他すべてのコーヒーチェーンも美味しくなった。
スターバックスのハワード・シュルツのインタビュー。
拙著『他者と働くーー「わかりあえなさ」から始める組織論』でもリーマンショック前後の経営危機からの復活について取り上げました。
スターバックスは、物語を提供するる(社内外に共有する)ことをビジネスとしている会社だと常々思うのですが、ここではそのオリジンの2つの物語が語られています。
ひとつは、幼少期の経験から従業員との関わりについて、もうひとつはイタリアでの経験とスターバックスを「辞めた」経験と。
物語ること(ストーリーテリング)の重要さが伝わってくるインタビューです。
同時に、この原点の物語から離れていったとき、企業はどうなっていくのだろうかと思います。
原体験に基づいた思いを体現するのは容易なことではない。それができている時点で凄いの一言。
> 父がけっして働くことのできなかったタイプの会社、利益と良心のバランスの取れた会社を作ろうという思いがあったのです。
シュルツ氏の父上の「アメリカンドリームが砕け散る」エピソードが胸を打つ。この経験がシュルツ氏の原点なのか。父上は戦争でデング熱などだけではなく、戦争神経症も患ったのではないか。
アルバイトにもストックオプションを付与しているの衝撃的。。スターバックスはアルバイトに教育機会も提供し、規模ある会社が担うべき責任を果たしているブランド。

""アルバイトを含む全従業員にストックオプションの形で株を提供する方法も見つけました。""
エクスペリエンスのスケール。それをマニュアルをガチガチにせずに、実現できているのがスタバの凄いところ。
大崎のスタバや、日本オフィスのある目黒スタバ。大変お世話になっております。
原体験が生み出す情熱の大切さがわかるストーリーですね。
また、ハワードの人柄も理解できます。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.0 兆円

業績