新着Pick
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シゴテツ -仕事の哲人-」メガネスーパー社長・星﨑尚彦氏の第4回です。

大学卒業時にやりたいことが見つからなかった星﨑さんは、三井物産に就職します。配属先は繊維事業部。知識や土地勘が全くない状況で、売り上げを10倍以上に増やし、兼松、伊藤忠を抜いて、シェアナンバーワンを獲得します。その仕事術とは?

ーーー
プロ経営者と呼ばれる人たちがいる。職業=社長業。業種や規模に関係なく、経営の手腕を発揮する。メガネスーパー社長の星﨑尚彦氏はそんな1人だ。

三井物産、スイスのビジネススクールIMDを経て、初めて経営に携わったのは33歳のとき。すでに社長歴は21年になる。フラー・ジャコージャパン、ブルーノマリジャパンなど外資系企業のトップを務めたほか、2011年からはアパレルメーカー、クレッジの経営再建に力を尽くした。そして13年7月、メガネスーパー社長に就任。8年連続赤字で倒産寸前だった同社を奇跡的なV字回復へと導いた。

いじめられっ子だった少年時代、将来何をやりたいか分からなかった青春時代を経て、いかにプロ経営者という職業にたどり着いたのか。星﨑氏のこれまでを振り返りつつ、その哲学に迫る。(全7回)

第1回 倒産寸前のメガネスーパーをV字回復させたプロ経営者
第2回 ただのデブが独自に右脳を鍛えて早大法学部に合格
第3回 1000人のアルバイトを統率したリーダーシップの極意
第4回 三井物産でシェアナンバーワンを獲得した仕事術
第5回 トップテンに入らなければ意味がない
第6回 ビジネススクールに行くべきか?
第7回 瀕死のメガネスーパーを蘇らせたトップの手腕
"大人はみんな「高校生になれば、将来やりたいことが分かってくるよ」と言うわけですよ"
ウソですよね〜これは人によります。私も全くわからなかった。結局20代のうちはやりたいことなんていらない。気がついたら見つかってましたね。
今日も面白い!ちょっと短いけど。
ビジネスパーソン星﨑社長の人間性が垣間見えるエピソードです。
◯仕事、会社の仲間、クライアントに対して、とにかく真摯であるということ
◯目的や目標を達成するための“あくなき執念”
◯ビジネスに関して“いやらしさ”がないということ
この3つは現在も同じです。社会にもまれると、上司や経営者を“疑いの目”で見てしまい時期がありますが、「彼に対して」はそれがありません。「言うは易く行うは難し」の一つですね。
時代を感じますが、やっぱりできることを徹底的にやっている感じが随所に感じ取れる。やるかやらないかなんですよね、世の中。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.43 兆円

業績