新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第2回です!このハーバード1年の時の同じ寮の仲間との写真ですが、今思うとこれでもかというほどダイバーシティに富んだメンバー構成でした。

ハーバードの寮生活が恋しいのは、異なる分野を学ぶ人が集まっているから。1つのコミュニティに閉じこもることなく他分野について最先端の情報交換ができる環境は、変なライバル心もなく最高でした。

ジュリアードは実力勝負のため毎日が競争でしたが、その分仲間から受ける刺激は十分すぎるほど。仕事(練習)量の把握と、音楽以外のコミュニティを持つことで生き延びられた気がします。

ハーバードとジュリアードの学生の雰囲気の差は顕著で、ジュリアード時代の自分の弦楽カルテット仲間には「人の悪口言うなら私のいないところで言って!」とお願いするくらいでした(笑)
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、バイオリニストと起業家のパラレルキャリアを歩んでいる廣津留すみれさんの第2回。ハーバードでの課題は大量で、普通にやったら終わらない。どうやってこなすか、その方法を公開します。仕事量が多い方はぜひ参考にしてください。
ーーー
1993年大分市生まれの26歳。小中高は地元の公立に通い、ハーバード大学に現役合格。2016年に首席で卒業後、ジュリアード音楽院の修士課程に進学し、18年に最優秀賞を取得して修了するという快挙を遂げる。

現在は、ニューヨークで起業家として奔走する一方で、バイオリニストとしても世界中から招かれ、一年の半分は演奏旅行に飛び回る。ヨーヨー・マをはじめ、世界的な演奏家との共演も多い。

英語塾を運営してきた母の独自の教育法で、幼い頃から英語を学び、4歳で英検3級に合格。小学生の時から始めた日記やプランニングの習慣は、今でも継続している。徹底的な効率化と集中力で、限られた時間をフル活用し、結果につなげてきた。

あふれる情熱と行動力を兼ね備えた、まさに世界を舞台に活躍するニューエリートの学び方と行動習慣を紹介する。(全7回)

■第1回 ハーバード首席卒、バイオリニスト起業家の勉強法
■第2回 ゴールに向けて必要なことを効率的にこなす
■第3回 リーダーに求められるサーバント型リーダーシップ
■第4回 世界で通用する英語力を身につける方法
■第5回 世界のリーダーが実践する人脈づくりの秘訣
■第6回 「5分」の使い方と「TO DOリスト」
■第7回 世界中に音楽の楽しさを伝えたい
ゴールに向けての効率的なアプローチはもちろん誰もがそう思う内容なんですが、実際にそれを実行できるかできないかの差がどこにあるんだろうか。
そうそう、さっさと寝るのが一番笑

>そもそも、私は一晩寝るとたいてい嫌な気分は忘れてしまっているのですけどね(笑)。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。