新着Pick
392Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「失敗しても人生は続く。だから人だけは裏切るな。信用だけは失うな。」

とても深いお言葉。本当にその通りだと思います。
最近、自分よりも10歳以上若い人と接していると、プロジェクトの終了や退職等で関係が終わると思っている人が増えたと感じます。まさに、SNSのフォローを外すような感覚。でも、人脈ってどこで繋がるか分からない。だから仕事は面白い。ご縁を大切にすれば、失敗しても手を差し伸べてくださる方はいます。
素敵なお話です。
ソニーやマネックスやSHARPの血が流れている。
そう思うと、また違う趣をもって、マネーフォワードを使うようになります。

「本来、お金というものは人間が生きていくためのツールにすぎません。そのツールをうまく使いこなすことによって、人や企業が前向きになる手助けができたら、それだけでわれわれには存在価値がある。そういう存在になりたくてつくった会社です」
「シゴテツ -仕事の哲人-」マネーフォワード社長・辻庸介氏の第6回です。

マネーフォワード創業時は苦労の連続だったと振り返る辻氏。起業するときにマネックス証券の松本大さんに言われた忘れられない言葉を紹介します。この言葉はどんなビジネスパーソンも心に留めておくといいですね。
ーーー
「お金の課題をテクノロジーで解決したい」。そんな思いで、京都大学農学部出身でありながら、お金の会社を起業したマネーフォワード社長の辻庸介氏。シャープの第2代社長・佐伯旭氏を祖父に持ち、幼い頃に薫陶を受けた。

大学卒業時に就活に出遅れ、モラトリアム期間を経て、ソニーに就職、経理部に配属される。社内公募で当時できたばかりのマネックス証券へ出向し、松本大社長の仕事の仕方を傍らでつぶさに見てきた。

経営者となっても学び続ける辻氏が、これまでのビジネス人生を振り返り、その哲学を明かす。(全7回)

■第1回 マネーフォワード社長が語る「お金と人生」
■第2回 祖父・シャープ第2代社長から学んだビジネス論
■第3回 ソニーに入社。ビジネスの基本は会計にあり
■第4回 マネックス松本大さんの教え「付き合わない人を選べ」
■第5回 「Facebookのマネー版」はなぜ失敗したのか?
■第6回 失敗しても人だけは裏切るな。信用だけは失うな
■第7回 お金のデジタル化は日本企業復活のチャンスだ
心に響く言葉。人として、ビジネスパーソンとして最も大切にしたいと思う考え方です。

「失敗したら、おまえは“もうこれで終わりだ”と思うかもしれない。でもそのあとも人生は続くんだ。だから人だけは裏切るな。信用を失うな」
「人のやらないことに挑戦する」こと。
辻さんの思いはいつも真っ直ぐにお金のあるべき未来を見ていて、その為に必要な大事なものを愚直に実行していて素晴らしいなあ。
"ソニーが常に新しいものを追いかけることで、消費者の生活が豊かになるのなら、モルモットもまたよきかな"
だからみんな憧れたんですよね。これぞブランド。
「ソニーはモルモットである」は、最近では「スタートアップはモルモットである」と言い換えることもできるように思います。
事業機会があるかどうかもわからないゼロの段階から市場を作るための仕組みであり、リスク取得の対価として爆発的な事業成長という果実が得られる。
そのように考えると、個々のスタートアップ企業にとって、現在ある技術やサービスそのものというよりも、それら創造を可能とする人材やその他リソースを集積し、活性化し続けるための「スタートアップ」という仕組み運営こそが鍵になるように最近は感じています。
社会の「モルモット」である自覚を持ち続け、スピードや創造性、革新性等を武器に、いつまでもリスクを伴う挑戦を継続する仕組み作りを、スタートアップ企業経営者のひとりとして試行錯誤してまいります。
「失敗したら、おまえは“もうこれで終わりだ”と思うかもしれない。でもそのあとも人生は続くんだ。だから人だけは裏切るな。信用を失うな」
この教訓は、本当に奥が深いです。

失敗しても人だけは裏切るな。信用だけは失うな

公認会計士としてベンチャー支援をしていた時と、公認会計士の肩書き抜きでFintech ベンチャーとお付き合いをするようになってからでは、この教訓の意味が違って来ました。

公認会計士の時は、裏切る人は、やはりその兆候は普段から見ていれば分かります。公認会計士として目を通す財務資料や事業計画に、どこか違和感があるからです。

Fintech ベンチャーと、公認会計士の肩書き抜きで付き合うと、そういう資料は見ないので、普段の言動から見抜くしかないのです。

やはり、後者の方が見抜くのに時間がかかりますね。
だから、よく初対面なのに、××さんを紹介してください!という依頼を受けると、一気にアラートが上がります。
その人が人を裏切るような人ならば、紹介者責任があるからです。
地味に地道にコツコツと積み重ねる以上のことはないと個人的にも思う。ごく短期間の山場ではなく、緩やかであっても長期間の持続的な右肩上がりを望むのであれば。言うは易く行うは難しであればこそ。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。