新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シゴテツ -仕事の哲人-」マネーフォワード社長・辻󠄀庸介氏の第2回です。

辻󠄀氏の祖父はシャープの第2代社長・佐伯旭氏。月に1回、親戚が集まると、祖父から細かな字がぎっしりと書かれたポケットサイズの紙を渡されました。昭和の名経営者が孫に教えたビジネス論とは?
ーーー
「お金の課題をテクノロジーで解決したい」。そんな思いで、京都大学農学部出身でありながら、お金の会社を起業したマネーフォワード社長の辻󠄀庸介氏。シャープの第2代社長・佐伯旭氏を祖父に持ち、幼い頃に薫陶を受けた。

大学卒業時に就活に出遅れ、モラトリアム期間を経て、ソニーに就職、経理部に配属される。社内公募で当時できたばかりのマネックス証券へ出向し、松本大社長の仕事の仕方を傍らでつぶさに見てきた。

経営者となっても学び続ける辻󠄀氏が、これまでのビジネス人生を振り返り、その哲学を明かす。(全7回)

■第1回 マネーフォワード社長が語る「お金と人生」
■第2回 祖父・シャープ第2代社長から学んだビジネス論
■第3回 ソニーに入社。ビジネスの基本は会計にあり
■第4回 マネックス松本大さんの教え「付き合わない人を選べ」
■第5回 「ユーザーが主語」でないビジネスは必ず失敗する
■第6回 失敗しても人だけは裏切るな。信用だけは失うな
■第7回 お金のデジタル化は日本企業復活のチャンスだ
"人に10をお願いしたら、1やってもらっただけでも感謝しなさい"
謙虚さや感謝というのは何度も何度も色んな人に教えてもらって少しずつ理解できるもの。それを早いうちに言われているのはとても羨ましい
「雇用を生むのは尊いこと」
そう思う。組織を成長させつつ雇用を生み出し続けている経営者は本当に尊敬に値する。逆に組織を成長させることもなく雇用を生むこともないにもかかわらず、やたら経営者の立場からの物言いをする人もいるが、大抵は近しい人からすると中身の無さが透けている。
起業家にとって(起業家じゃなくてもかもしれないが)家族の影響は本当に大きいと思います。家族に起業家がいるのは本当に大事、成功しているかしていないかに関わらず。

私の母方の祖父も起業家、経営者で今でも覚えているのは"体が資本"。健康じゃないと力出せないですからね。父方の祖父は大阪で紙問屋やってたらしいんですが、父が高校生のときに亡くなってます。その祖父から話が聞ければ商人としての基本が身についたりしたかなあ。
明日も楽しみです!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績