新着Pick
549Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、マネーフォワード社長の辻󠄀庸介氏です。
ーーー
「お金の課題をテクノロジーで解決したい」。そんな思いから起業したマネーフォワードの社長・辻󠄀庸介氏は、シャープの第2代社長・佐伯旭氏を祖父に持ち、幼い頃に薫陶を受けた。

京都大学農学部卒業時に研究の道ではなく、東京で就職しようと考えたが、就活に出遅れ海外へ。モラトリアム期間を経て、ソニーに就職し、経理部に配属される。社内公募で当時できたばかりのマネックス証券へ出向、松本大社長(現会長)の仕事の仕方を傍らでつぶさに見てきた。

経営者となっても学び続ける辻󠄀氏が、これまでのビジネス人生を振り返り、その哲学を明かす。(全7回)

■第1回 マネーフォワード社長が語る「お金と人生」
■第2回 祖父・シャープ第2代社長から学んだビジネス論
■第3回 ソニーに入社。ビジネスの基本は会計にあり
■第4回 マネックス松本大さんの教え「付き合わない人を選べ」
■第5回 「ユーザーが主語」でないビジネスは必ず失敗する
■第6回 失敗しても人だけは裏切るな。信用だけは失うな
■第7回 お金のデジタル化は日本企業復活のチャンスだ
さりげないけど大切なことが並んでますね。

「つまり僕は勉強を教えることよりも、生徒のモチベーションを上げるほうが得意だったのでしょう。」
って、実は教育の核心を打ち抜いてますよね。

私の人間研究によると、一見無駄に思える『鴨川の読書と哲学の時間」こそが、青年期の芯ともなる大事な時間だったのだと思います。
それにしても農学部の会、私は凡庸ですが、メンバーの多様さと突き抜け加減が、面白いですよね。
マネーフォワードMEの課金ユーザーです。
マネードフォワードのようなサービスは、ある種のパートナーのようなものだから、どのような経緯で立ち上げに至ったかに関心があります。
サービスにはその企業の組織文化が反映され、組織文化には創業者の経験や人格が反映されるでしょう。

「農学部出身者の共通点は、あきらめが早いことです。よくいえば謙虚。なぜなら農学部で生命科学などについて学べば、人間が自然の一部にすぎず、人間が自然にかなうわけなどないと思い知ることになります。
だからといって努力をしないわけではないけれど、いったん「これはもう無理」と判断したら、無駄にジタバタしないところがある。いい意味で「人間の分際」をわきまえているところが、農学部出身者の特徴のような気がします」
へー!!面白いなー。辻さんはマネーフォワードさんのイベントに呼んでいただいた時に少し話したことあるだけですが、「独特の感性をお持ちの方なんだろうなー」と推測していましたが、そのルーツ(農学部の話、鴨川での村上春樹)が少し想像できた気がします!
2回目以降もとても楽しみです!
鴨川は心のモヤモヤを洗い流してくれます。四季折々、いや、毎日その姿を変える鴨川。自然につつまれることはとても大切。哲学にふさわしい場所です。
「人間が自然の一部にすぎず、人間が自然にかなうわけなどないと思い知ること」というのは、農学部出身者にかかわらず、とくに天災の多い日本にいると誰しも少なからず感じていることではないかと思う。自分がコントロールできる範疇などたかが知れている前提を認識したうえで、その範疇で最善を尽くすよう考え動くことが大切かと。
若い頃に悩む経営者の話は共感が多い。何もかも違うけれど、20歳前後で悩み現実逃避する、というのは無駄ではないんですよね。もちろん今の辻さんを知っているので安心して読めますがその時点では焦りまくります
私の尊敬している経営者の一人、マネーフォワード辻さんの特集です。
人間味溢れる苦労話の記事ですが、ぜひ読んでみてください。
ブレないビジョンを持った数少ない同年代の希望の星で、辻さんなら日本を変えてくれると信じています。
ツージーさん!楽しみ連載!そして高濱さんや祥子さんしかり、もちろんツージーさんも、農学部出身の方々は皆いい人(n7くらい)。
辻さんがカンファレンスなどで登壇されているのを拝見したことは何度かありますが、どんな経緯でマネーフォワードの企業に至ったのか、じっくり語って頂けるのは楽しみです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。