新着Pick
208Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事の哲学という新しい観点でインタビューをしていただきました。
サービス設計等の軸ではなく、哲学という観点は私にとっても新鮮で楽しかったです。

なにをどのように(WHAT、HOW)という考えだけでなく、なぜ(WHY)が大事だと思っています。

明日以降の連載も楽しみです。
連載「シゴテツ -仕事の哲人-」、今回はエアークローゼット社長・天沼總さんです。
......
2015年2月開始の月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」が大きく成長している。約300ブランド・10万点の中からプロのスタイリストによって、ユーザー別にコーディネートしてくれた洋服が自宅に届く。

ファッションレンタルサービスの中でも「普段着に特化」し、「選ぶのはプロのスタイリスト」という点が特徴だ。月額6800円(+税)から手軽に利用できることから、20代後半~40代を中心とする女性に注目されている。

ライフスタイルの中で「新しいファッションや自分との出会い体験」という価値を届けるサービスは、4年半で会員数は25万人を超えた。ファッション業界に新たな視野と可能性を見せるその事業モデルやサービスには、“ファッション業界新参者”ゆえの徹底した世界観の追求と、実行力があった。創業者の一人で社長兼CEOの天沼聰氏の哲学に迫る。(全7話)
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績