新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
農業担当だったときから全く変わってない…

引っ掻き回される業界の方、御愁傷様です。
農業はこいつのせいで本当の意味での環境保全型農業が潰されかけました。

ちなみに農業の時そうでしたが、基本勉強不足なのです。だから難しいことは理解していないし、どうやってその業界の経済や物流が回っているかも理解していない。外国のやり方ばかりに目がいって、日本に落とし込む力がないので政策立案もできず、だから実績がつかないのです。

しかも理解していないのに政治家は旗を立てるのが仕事とばかりに旗を立てたがるのですが、勉強不足なのでそもそも立てる場所が間違っていて失笑を買うわけです。
なぜ持ち上げられてるのかがサッパリわかりません。
日本が世界最高レベルの技術を持ち、燃料の供給リスクが最も低い石炭火力発電をそんなに簡単に減らしていいんでしょうか。
個人的に方向性は正しいと思う。

燃料の輸入が不要な地熱発電や洋上風力発電については日系電力会社や商社が海外で既に多くのプロジェクトを成功させていて、日系のメーカーも技術を持っておりファイナンスも付いている。特に地熱発電はベースロード電源になるので有望な電源。
今後は、国内の利権関係を国が整理すれば、海外の再生可能エネルギープロジェクトの実績を「逆輸入」できると考えられる。一番難しいのは長期的に持続可能な売電制度の設計でしょう。

https://newspicks.com/news/4220223/
環境ほど、マクロとミクロで見なければならない分野ではないでしょうか。

国単位で考えてもあまり意味があるとは思えません。
産業ごとに見ていくべきだし、また1人あたり二酸化炭素排出量でも考えて欲しいです。
この指標で行くと、世界的に多いのは、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ロシア、韓国、サウジアラビアです。

中国とインドは人口大国なので、国単位で大きくなるのは当然です。

しかし、日本は1人当たり二酸化炭素排出量がそれほど大きくないにもかかわらず、これ以上「絞っても水は出てこないぞうきん」をまだ絞ろうとしている。これでは経済成長は難しいのではないでしょうかね。

自分の都合の良いように統計を読むのではなく、ちゃんとその裏に潜んでいる問題点を顕在化して問題点を語って欲しいです。
代替をどうするのでしょうね。現実的且つ建設的な提案を期待したいですね。(^^)
規定路線、ではありますが、石炭かどうか、ではなく発電効率などを踏まえた環境負荷を見た上で…

石炭が安価で産地も分散された燃料であることは事実で、そこから(コストはもちろん、CO2排出量の意味でも)高効率にエネルギーを取り出すことができるなら、これに越したことはない。
小泉進次郎さんの一挙手一投足は、良くも悪くも、否応無く注目される。ゆえに環境問題そのものはもとより、ESG投資や福島の復興のことなど発信した話題に社会の目が集まります。

行政の長として適切に社会変革を推進していってほしいと思いますし、その動きが結果として自民党の新しい支持層を生むことにも繋がると感じています。
石炭火力を減らすことが目的ではなく、他の電源も含めて、負の外部性としての温室効果ガスに対して、炭素税等を用いて適正に費用負担を課すべきだと思います。

発電事業者は、その費用を負担した上で、堂々と石炭火力で発電すればいいのではないかと思います。
ESG関係の枠組を日本の競争力に
どう活用していくか、だと思います

減らす、とすればその過程をどう価値にするか
株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、英語: Jiji Press Ltd.)は、1945年11月に創立された日本の民間通信社である。国内78カ所、海外27カ所の支社や総支局を有する。 ウィキペディア