新着Pick
897Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクが2004年買収した日本テレコム、私は当時買収された側の社員でした。半年過ぎたくらいには不思議と期待の方が大きかったことが記憶にあります。
属人的であるが故、危うさも多いにありますが、企業文化として唐突な事柄にも対応し得る柔軟さと器があると感じます。
現在進める新規事業においても、遥か遠くの飛び地事業企画だって社会的意義があればOKだったり笑
ZOZOのみならず一休ともシナジーを追求していきます。
「ZOZOには数字で(買収提案を)納得してもらった」。ヤフーによるZOZOの買収において、そのスタディとして何度も登場しているのが、ヤフーが2016年に買収した高級ホテル旅館予約サイト「一休」です。

こだわりのサービス、ロイヤリティの高いユーザーを抱えながらも、ビジネスの規模拡大に悩んでいた一休。彼らはヤフーに入って、どのように語ったのか。緊急特集らしく、まさに掲載日前日夜に、同社経営陣にインタビューを受けてもらいました。

ZOZOの行方を占う、一休の買収。ぜひご一読ください。
ストレートなインタビュー。
榊社長が情理と合理を自分でバランスさせることができる、
至極真っ当な経営者であることが伝わりました。

資本構成の変動はユーザーには関係ない。
新しい株主の知見やインフラを生かしながら自力で出来なかったサービスを開発し、ユーザー満足を高めながらとトップラインを成長させるのみ。
お家騒動の興奮状態を鎮めることは大事だがそればかりに全力投球してはならない。
自ら作ったエクセルデータを自ら削除した榊社長はジャーマネでなく経営者ということ。
昨年、Brand Design でも一休を連載させていただきました。そのときにうかがった課題は、いかにベンチャーマインドのある人を採用していくか、でした。
連載の中で最初に登場いただいたのは、Yahoo!小澤さん。Yahoo!に買収された現実に向き合い、その上で、今の一休がどこに向かっているか解きほぐして行きたかったからです。
一休の植村さんに提案したら、嫌がられるかと思ったら、小澤さんの取材を取り付けてくれました。そして、小澤さんからも一休への愛あるインタビュー。
ああ、Yahoo!と一休はいい関係なのだなと思った記憶があります。

小澤さんへのインタビューはこちら
【おざーん独白】一休社員よ、どんどん失敗を重ねなさい
https://newspicks.com/news/3227572/
「M&Aが失敗するのは、心の溝が広がるからです。お互い悪気がなくとも、起きてしまうこともある。」
あまり知らなかった、一休の買収についての話、面白かったです!

Tポイントと一休ポイントの話も、なるほどです。
yahoo!説の、一休ポイントやめて、広く使われているTポイントにすればいいのに…。と、一休のお客さんの中にはTポイントを使っていない人が多い、レンタルビデオ店に行かなければ、ファミマの1円貯金もしていない説。

やたら各社が独自のポイント作るの面倒だな〜と思う一方、
この一休ポイントの意味はユーザーとして分かります。
たしかにTポイントではないからの価値が。
買収、そしてPMIのリアル。ZOZOの買収がなくても、こういう3年後に振り替えるといったものは金言が多いと思う。
印象的だったのは、『組織はかなり混乱しました。会社とは、混乱したものを収拾しようとやっきになると、業績が落ちるんです。目に見える従業員のことばかりが気になって、お客さんのことが考えられなくなるからです。』という部分。配慮は重要な一方で、仕事という文脈においては結果が重要だと思って、結果という成功体験を一緒に作ることが組織という点でも一番の結果になるのだと思う。

ちなみに、下記が4年ほど前の買収時のPick。
https://newspicks.com/news/1300404
https://newspicks.com/news/1313312
ヤフーに買われた一休の中では何が起きていたのか、創業者から社長を引き継いだ榊社長、そして創業初期から一休に参画していた植村CHRO管理本部長にお話を聞きました。

やはり買収があると、企業では色々な葛藤があるのですね。ZOZOの今後を占う上でも、非常に興味深い証言です。
2016年にヤフーが買収した一休。ZOZO買収の議論が前に進んだのは、この一休の成功があったからでした。

では買収後の一休で何が起きていたか。このタイミングで、トップインタビューをしてきました。
社員同士の関わりが気になっていたのですごく勉強になりました。下記がいろんな示唆があるようにも。親会社の一部署でなく子会社であることであるのは、所有権や意思決定面をみてもメリットがあるからなはずでしょうし、完全に取り込むケースと、100%子会社のケースでそれぞれの結果を調べてみたくなりました
> 結局、一休は一休、ヤフーはヤフー。だって別会社じゃんという割り切りが、すごく大切でした。
勉強になるなぁ
この連載について
ヤフーの爆食が止まらない。ファッションEC大手のZOZOに投じる金額は約4000億円。成立すれば、過去最大の買収だ。EC事業を屋台骨にしたいヤフーは、アマゾン、楽天という強敵に勝てるのか。決済サービスPayPayや傘下のアスクルなどと連携し、どんな企業を目指すのか。その未来図をレポートする。
株式会社一休(いっきゅう、Ikyu Corporation)は高級ホテル・高級旅館専門予約サイト「一休.com」を運営する会社である。 ウィキペディア

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.09 兆円

業績