新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いくつかコメントありますが、保育士の給料は上がらない仕組みになってます。「誰でも出来るから」と私が書いて大炎上しましたが、そう思われてるという部分も上がらない理由の大きな一つです。だって医師とか誰でもできるって1人も思ってませんよね?それに加えて基本市場原理に委ねられていないので効率化が進みません。それこそ、子育てを手伝ってくれる家族もいない貧困世帯には保育バウチャーを配るなどの補助策を入れて市場原理に委ねるのが唯一の解決策かと。
>専門学校などで保育士の資格取得に要する費用は約250万円に上り

これだけの費用を支払ったのに低賃金では、なり手がいなくなってしまうのではないでしょうか?

無償化によって、保育士の需要が高まるのは必須なのに、供給が少なくなりそうです。
市場原理に委ねれば、需要が高い保育士の給料が上がるはずですが、それを止めているのが現状です。

いっそ、保育園の民営化をドンドン進めていって、保護が必要な家庭には「保育ヴァーチャー(切符)」を配布するのも手です。

質の高い保育を求める家庭もたくさんいるので、スキルを高めた保育士は高収入で仕事に就けます。

「それじゃあ、金持ち優遇じゃないか?」
と言われそうですが、たくさんの資産を持っている祖父母におねだりすれば何とかなる家庭もあります。

本当に何ともならない家庭には、ヴァーチャー(切符)を。
難しい問題なんだよね。保育士の給料を上げれば、保育士一人当たりの子供の数を増やすか、保育料を値上げするしかありません。日本では公的保育がなぜか権利みたいになってますので、給料上げても保育料の値上げは難しい。しかも大半の保育園はいまだに社会福祉法人という既得権者が一国一城の主みたいに零細運営しており業務効率の適正化やITの導入などもままならない。早急に民営化と多店舗経営による効率化を図るべきだが、受益者が民営化に反対しちゃってるのでどうにもならないのが現状。
他の方も参考として出してますが、保育についての議論はこちらの鈴木さんの記事が個人的決定版。その時のまとめコメントを転記します
https://newspicks.com/news/2031423

【転記】
待機児童問題の構造的原因が大変よくわかる素晴らしい記事。知らないことばかりでした。
幼児の保育コストは一人あたり15〜20万円で赤字分は税金頼み、魅力的な支援を打ち出すと子供が集まりさらに財政が厳しくなるという行政の問題、「保育は福祉」という昔の位置づけのまま既得権益化して選挙での集票力も活用し新規参入を拒む業界。
いずれも、構造的なもので、複合的な取り組みが求められますね。だからこそ政治が動く意義がある、ということでもありますね。自治体の個別の取り組みも重要ですが、国レベルで動くべきことと感じます
認可保育園は区役所が管理していて、点数の低い順に入園ができる制度で、簡単に言うと住民税が低い順になっています。ちなみに起業家や事業主など稼いでいる人ほど節税しているので、会社員は一番不利です。
認可保育園なら補助金は結構出てるから、ビジネスとしてきちんとしてるトコもあるんですけどね。

しかしそうじゃないトコもできてしまう、制度的な問題かと思ってます。
個人の恩恵が高い職こそ、投げ銭。
嫌なら転職。給料は需要と供給で決まるはず