新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タクシー活用の選択肢を広げる喜ぶべき話であるのは間違いないですが、専用の車と車庫と運転手さんとを用意して政府の許認可を得たタクシーを対象にする限りシェアリングエコノミーとは言い難く、調達額3億円で事業成長スピードの加速を図っていくといっても何となく小粒に感じてしまう・・・ (^^;
既存産業の声に押された規制が根を張る我が国で起こせるイノベーションの限界を、こんなところに感じてしまう私は歪んでいる、のかな (・・?
nearMe.さんのタクシー相乗りサービスや空港シャトルバスですが、違法ではありません。タクシー相乗りは、乗車前に乗客同士のマッチングをするサービスで、マッチング後にタクシーを拾うやり方なので現行法上問題はありません。最近はnearMe.さんのアプリからJapanTaxiさんへの連携も始まっています。

空港シャトルバス相乗りは、UberBlackと同様、旅行業法に基づいた旅行商品としての提供なのでこちらも道路運送法上の問題はクリアしています。さらに、成田往復ですので、都市型ハイヤー規制もクリア。ちゃんとしたサービスです。
nommocさんの広告型無料タクシーも現行法上の問題はないのですが、本当に運営資金を広告でカバーできるのかが課題です。

Uberはよ、ではなく、日本は日本のライドシェアを若い起業家たちが悩みながらも着実に実現に向けて進めています。
タクシーのシェア。イベント会場などに行く際は便利そうですね。
日常仕事でタクシー利用をする際は、急いでいるか社内で電話しながら移動がしたい時。
こういった交通インフラサービスの充実していくのはいいですね。高原社長、頑張って下さい。
タクシーの待ち時間と比例して相乗りニーズは高くなるでしょうね。終電後や大雨の日など特に。割り勘の仕方が難しいところですが、アプリで行き先指定して自動計算、といった機能があればその点も解決。
待ち時間とは別の軸で、タクシー運賃を安く上げたい人にとっても良いかも。難点は車内の過ごし方ですかねぇ。
良い流れですが、やはりUberXの解禁が待たれるところ。日本のタクシー運転手は、値段の割に質が低い・上下がありすぎる
東急不動産ホールディングス株式会社(とうきゅうふどうさんホールディングス、英語: Tokyu Fudosan Holdings Corporation )は、東急不動産・東急コミュニティー・東急リバブル・東急ハンズなどを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5,428 億円

業績

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.44 兆円

業績