新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TPPの真骨頂は、米国を含み中国を含まない高度に自由化された貿易圏を環太平洋に作ることでした。農業製品を関税で守るのと引き換えに工業製品の関税を殆ど撤廃済みの日本が、自動車をはじめ工業製品を未だに関税で守る米国を相手に、工業製品の関税を最長25年後とはいえ撤廃させることができたのは、この理念があったから。国を成長させるには、生産性の向上余地が農畜産物より大きい高度な工業製品を自国に出来る限り残すことが重要です。まして、第4次産業革命が進む今後は尚更でしょう、たぶん。 
農畜産物に加えワインもTPP並みに日本に譲らせて、自動車などの工業製品の決着が先送りできたなら、TPPと比べると経済的には米国にとって随分に有利そう。アメリカファーストが主眼で米国主導の民主主義的勢力圏を築くことに大して興味がないように見えるトランプ大統領にとって、TPPを抜けて二国間交渉に持ち込んだのは大成功と言えるんじゃないのかな。工業製品の関税撤廃と引き換えに政治的理由から聖域として守り続けて来た農産物まで自由化が進めば、日本は米国をはじめ他国で未だ残る工業製品の関税を下げさせる交渉手段を失います。美味しいカリフォルニアワインが加わってワインの楽しみが増えるのは一消費者として大いに嬉しいことですが、我が国の未来にとって、辛いことの一つではありそうな・・・  (^^;
ぼくが飲む量もシェアどおりチリ、フランス、イタリアの順。チリワインは安すぎる、と思うこともあるほどワインは値下がりしました。カリフォルニアが1割下がれば食卓も変わるな。
でもTPP論議盛んだったころは、関税撤廃に対し国内事業者が受ける痛手を報ずる記事がほとんどで、値下げによる消費者利益はあまり語られなかった。TPP締結後は落ち着いてメリットが論じられているように見受けます。
カリフォルニアワインが入手しやすくなりますね。

今まで、ワインは日本では高級酒でありすぎました。

学生時代に欧州旅行に行ったとき、男4人でスーパーに行き、大きなペットボトルの水よりワインの方が安かった(もしくは同じくらい)の値段だったので、水の代わりにワインを買って朝から飲んでしまいました。

酔っ払って気が大きくなれば、フランス語も怖くない(^_^;)

周りから見れば、行儀の悪い日本人観光客だったのでしょうねえ。
もともと税率低いんであんまり関係ない気が。
9月末に署名する見通しの貿易協定において、ワインにかかる関税を5から7年かけて撤廃する方向とのこと。
日本のワインの輸入国のうち、米国は6位の6%だそう。
関税が段階的に引き下げられることで、今後変化も出てくるかも知れませんね。
いえーい。関税とは関係ありませんが、望むことは、スーパーでのワインの品揃えをもう少し良くしてほしい事。アメリカのスーパーだとゴンドラ10本ところによってはその倍くらいドカーンとワイン売り場があり、立地の良いところだと、数百円のワインから数千円のワインまで数多く揃っています。

そういう品揃えの広さがあるともっとワインの消費量も増えるように思います。

個人的にはイオンリカーに期待したいところ。
カリフォルニアワインは安くて美味しい。$20-30で手軽に飲める良いワインが、日本で買うと2倍から3倍してしまう。関税分くらいは安くなってくれると本当に嬉しいなあ。
カリフォルニアワインは、アメリカのスーパーでは美味しくて安いものがたくさんあります。
もっと裾野が広がると良いなぁ…
日本でのワイン消費量は増減繰り返しつつも着実に伸びています。小売・外食共により販売強化しやすくなる大義名分になりますね。
米産ワインが立飲み屋を席巻したりサイゼリヤのマグナムを凌駕する日がくるのかしら⁈