新着Pick
584Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【予告編 無料】2016年7月に公開した前澤友作さんの「イノベーターズ・ライフ」(全19話)、その予告編を増量・再編集して掲載します。全編は記事内のリンクからご覧ください。先日の会見で流した涙の背景や現在の心境、今後目指す方向が見えてきます。

このインタビューはZOZO(当時はスタートトゥデイ)がある千葉本社の社長室で3回、長時間にわたって行いました。前澤さんが半生を惜しみなく語り、原稿に自ら手を入れ、特に12話〜19話は全文を前澤さん自身が執筆しました。それだけ熱い思いが文章にのっているので、前澤さんの実像を深く知る助けになります。
今週の特集「爆食Yahoo!」に合わせて、改めて2016年7月公開のZOZO前澤友作・前CEOの「イノベーターズ・ライフ」予告編を再編集してお届けします。彼のライフストーリーに触れることで、より今回の一件への理解が増すはずです。
お金をうまく使えば使うほど、それ以上になって帰ってくるというのは、お金をかなりのレベルで持った人はそうなのだと思います。だからこそ富裕層は絵を買ったり、高級車を買ったりでお金は減っても資産は減らない状況ができる。

富裕層にならなくとも、お金の使い方は意識して使っていきたいなと改めて感じます。
2016年8月に公開されたイノベライフ。ここで既に前澤さんは宇宙について語っていたなと思い出しました。いま読み返すと、前澤さんが実際に行ったことと、考え方がわかってすごく面白い。
ーー
(最終話から)
個人的には宇宙に非常に興味を持っています。

NASA関連施設の見学や、宇宙飛行士をはじめ宇宙関係者の皆さまとの面会など、着々と勉強を進めています。
プライベートブランドも宇宙についても、自分自身や社会の常識を覆すカタチで、世の中に発信できるよう精進してまいります。
全員一律給与や6時間労働といったユニークな制度はまだ残ってるのかな。残っているのであれば、新体制でも是非継続して欲しいですね
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,205 億円

業績