新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクにとっては結果的にZOZOの買収が、ビジョンファンド投資先のネガティブなニュースを中和する方向に作用していますね。
甘く見てはいけない。SVFはSBGにフル連結されており、SVFの投資の減損は、直にSBGのP/Lをヒットする。SBGのB/Sに占めるSVFの割合とは関係ない。昨年は巨額の評価益を上げていただけに、その反動は巨大なものになる。
北尾さん(前:ソフトバンク常務)と討議して、SBI(前:ソフトバンクインベストメント)をソフトバンクグループが買収すれば、こういう面倒くさいことも少なくなると感じています。

ソフトバンクグループとSBIはそのうち統合するのでは?!
WeWorkのIPO云々もありますが、カリフォルニアのギグワーカー保護法(でいいのでしょうかね)の方が気がかりですね。シェアリングエコノミーへのチャレンジになります。では一歩進んで自動運転やドローンによる運送などが発達しヒューマンレスになったらどうなるのか。
投資なんで、いろいろありますよね。こういった気流の乱れに対して、いちいち神経質に反応する必要はないと思います。

当たるときもあれば、外れるときもあります。それが投資ですから。
[カリフォルニア州議会が単発の仕事を受注するギグワーカーと呼ばれる個人請負業者に関する雇用法案を可決。ギグワーカーを利用する企業の人件費を上昇させ、ビジネスモデルの大幅転換を強いる内容だった。]

ギグワーカーは自分の好きな時間だけ働く人たちで、米国労働省によると正規社員が大半。副業としてギグワークしている。個人請負業者はギグワーカーでどれくらいの比率を占めているのでしょうか。

ギグワーカーが米国で稼ぎ出す報酬は年間170兆円と言われています。人件費を上昇させると、雇用主がひく可能性もあります。サンフランシスコでは家賃が値上がりし、生活しにくくなっている。その改善がカリフォルニア州議会を動かしたのかもしれません。
今までの未上場株投資では大成功してると思いますが、投資家やマスコミは短絡的すぎる。これからどうなるかは神のみぞ知るり
ギグエコノミーについてのカリフォルニア州議会の動きがソフトバンクGに大きく影響を与えるという視点の記事。
新しい経済の「動き」であるとともに人の暮らしを支える仕事であることの、壁というか落差というか。テクノロジーにはにワクワクしますがそういったところにリスクがあるのかもしれない。

ギグエコノミーに大打撃--米加州でUberのドライバーなどを従業員とする法案が通過(CNET Japan、9月12日)
https://newspicks.com/news/4217732
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.88 兆円

業績