新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この「氏名公表」の主な目的は、犠牲者遺族と被害者による集団訴訟のために、情報を公開するということです。
 死者は3千人にのぼり、負傷者は2万5千人以上です。無論、多くの法人も損失を蒙りました。18年間に渡る非常に大規模な集団訴訟が続いています。
 弁護団としては、数十憶ドルにはなる賠償金を勝ち取らなければなりません。しかし、誰に請求するのかが問題です。死亡した実行犯19人では話にならないし、アフガニスタンあたりに潜伏しているアル=カーイダから取り立てることも無理でしょう。
 当初から、この巨額の賠償金を取り立てられる相手は、サウディアラビア政府しかないであろうと考えられてきました。
 実行犯19人の内15人はサウディアラビア人で、彼らは2000年から米国に居住し、飛行機の教習学校に通ったりしていたとされています。彼らは、何も自分たちで稼いだ金で旅行したり、飛行機の操縦を習っていたわけではなく、1990年代からサウディアラビアの諜報機関の金で、世界各地を旅行していました。
 ウサマ・ビン=ラーディンをはじめ、後にアル=カーイダに加わったようなサウディアラビア人たちは、サウディアラビアの諜報機関に支援されてきたことが知られています。アフガニスタンなどで、異教徒の侵略者と戦う活動のためです。実行犯たちも、アフガニスタンやボスニアで戦闘を重ねてきた経験者たちでした。その後彼らは、より大きな根本的な異教徒の侵略者、米国を倒そうという主張に啓発されました。
 集団訴訟で問題になっているのは、実行犯たちの米国での生活や飛行機教習所の費用を、サウディアラビアの諜報機関が支出してやっていたのではないか、ということです。今回、弁護団と遺族らに公表されるのは、この情報と見られています。

https://www.washingtonpost.com/national-security/justice-dept-offers-911-families-new-detail-about-investigation-of-suspected-saudi-accomplices/2019/09/12/0d6afc06-d0b5-11e9-87fa-8501a456c003_story.html?noredirect=on
サウジへの米国内の風当たりが強い
どういう意図でこのタイミングなのでしょうか。