新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファストファッションのいくつかのブランドについては、値段が安いかわりに縫製もガサツで持ちも悪く、かつては「1年で着潰せばいいや」的に受け入れられていたように感じます。

環境に対する意識の高い最近の若い世代からすれば、環境フレンドリーではない、ものすごく無駄の多いビジネスに見えているのだと思います。
ファッショナブルな #ファーストファッション は、#ZARA の #inditex しか生き残れませんね。
#物流戦略の4C のフレームワークで考えれば、簡単に、その勝因がわかります。
フォーエバー21は低価格×都心の好立地に出店→一時的なトレンドを創り出してきていた。
一時的なトレンドはつくれても持続的に成長するマーケティングミックスを構築することができていなかった。

アパレル業界の持続的な成長戦略を理解したい方は、ユニクロ対ZARAのという本がオススメです!
ユニクロとZARAはファストファッションという枠では語れないブランドとなっている。

ZARAは内製デザイナーが2週間ごとに新商品を生み出し、空輸も活用してグローバル店舗に流通させ、店舗ではトータルコーディネートを提案している。

ユニクロは、エアリズムやウルトラライトダウンのような、素材×デザインにこだわった独自商品ブランドをつくり、老若男女がサイズさえ合えば購入したくなるよう売場・売方を工夫している。

ZARAもユニクロもSPAモデル「持続的」にトレンドを生み出す力をもっていることが特徴。
アパレルはトレンドの変化も大きく栄枯盛衰ある中で、ユニクロやインディテックスはすごいなと思います。常に変化しながら様々な世代の生活に密着に入り込んでるように思います。