新着Pick
177Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
延期と撤廃では、全く違う。
これまでは延期はしてきているものもあるが、取り消したものはない。ただ10月頭に交渉を控える中で、10月15日以降に関税発動タイミングをズラしている=交渉次第ではそれがどうにかなる?という部分のシグナリングは気になっている。
『知的財産や農産物購入に関する中国の約束を取り付ける代わりに、一部関税の発動を延期、あるいは撤回する内容だという。』
関税引き上げによる米国内経済への悪影響と、中国に対してファイティングポーズを取り続けることのアピール効果。トランプ大統領がどちらに重きを置くか。後者であれば、この「暫定合意」にもあまり期待を持たない方がいいのかもしれません。
これでまた株価が上がるかな?

トランプ大統領の発言に世界経済が振り回されていますが、そろそろ大統領選教を意識しだしたのではないかと・・・期待します。
中国は10月1日からの関税の撤廃と、ファーウエイへの米ハイテク製品輸出の撤廃を求めているが、果たして米国はその要求をのめるのか?そして、その要求を受け入れたとして、米国は何を得るのか?単なる農産物の購入では、トランプ大統領は政治的に支持を失う可能性がある。なぜなら、8/21のホワイトハウスでの会見で、トランプ大統領は天を見上げながら、「私は選ばれし者」と発言した。神に選ばれし者が、農産物で済ますわけにはいかない。マーケットは楽観しているが、実はそんなに簡単ではないぞ。
トランプ大統領が使っている”暫定”という単語の意味と、中国政府の理解、そして、私たちが理解する意味が同じであることを願います。
今さっき通知が来たブルームバーグの朝のブリーフィングによると、am interim China Goalとありました。
なるほど、interimですね。
トランプ大統領は「暫定的な貿易合意」も検討していいと考え始めているようだ。
暫定的な貿易合意は「知的財産や農産物購入に関する中国の約束を取り付ける代わりに、一部関税の発動を延期、あるいは撤回する」内容
見出しがおもしろい。