新着Pick

長期記憶を鍛え、効率よく学ぶ3つのステップ

ライフハッカー[日本版]
「時間がないのに学ぶべきことが多すぎる」と感じている方も多いのでは?もしくは、年齢とともに記憶力や集中力が低下しているとの自覚もあるかもしれません。そうした個人の都合を社会は聞いてくれません。なんとか効率よく学習を進めていきたいところです。そんなとき役立ちそうなのが、SuperMemo(学習アルゴリズム)。
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社でも人の忘却曲線を意識して、次の日には前の日に学んだコンテンツの思い出しから研修の一日がはじまります。
クイズ形式は、人の記憶を鍛えるなと実践でも思っていますのは、チーム戦で前の日の研修に関連した質問を作り、そのチームの問題に答える仕組みにすると、不思議と問題と答えの組み合わせをシナリオ的に覚えておくことができます。
コンテンツにプラスして、人のストーリーや個別のシナリオが組みこまれ、興味深いコンテンツとして、刻まれるのかなと思うのですよね。子供がよくクイズを遊びにした方が、ただナラティブに物事を学ぶよりも、圧倒的に記憶してくれるこの動きとも似ています。
加えて
「頭の中に絵を描き、流れを再生」

記憶だけでなく、
識別力、理解力、応用力にも有益。

言語をビジュアライズするニーズ
高いでしょうか