新着Pick
621Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
読んだものを誰かに話す。
と決めて読む、というのはいいことだと思います。

しかし、個人的には、小説とかを深く読む時間を取ることに枯渇してるので、20分で読むみたいな効率の話だけではなく、もっとじっくり時間取りたい気持ちが強いです。
思考力、表現力が磨かれ、学んだことが身につきますね。

すべての本を端から端まで読む必要はない。自分に活かそうと思うなら、さばく感覚でいいと思います。

旬なタイミングで読み、すぐに自分のものにしていく。すぐに実践したいことです。
仕事がらみの資料系は確かにカフェ直行で積まない工夫はよい。

バーの端っこで1人飲みしながらのんびり小説を読むのが至福の時間なので、本によって向き合い方は変えたい派。
「要約して人に伝える」

これはとても有効だと思います。伝えられないということは、自分も実は理解できていないということですし。NPの記事も他人に説明したものはその後の記憶も持続している印象です。
僕も流行りの本は、こうやって要約して内容把握をするけど、それは「読書」ではないと思っている。

ネット記事読むのと、こういう本の読み方は変わらない。

読書の魅力は、じっくり頭の中の開けたことのない思考部分をゴリゴリ刺激されることだと思う。でも筋トレと一緒で辛いんだよなー。
読むのが遅くて内容わすれてしまって何を読んだらいいかわからないくらいのレベルだったらまずは黙って一冊を徹底的に読み込む経験した方が良いかなと笑
アウトプットを意識することは読書だけでなく、全てのインプットにも効果的です。

自分の理解を言語で整理することで、内容の理解と定着が促されて、アウトプットとして表現するから誰かにとっての価値になります。

だからといって、読書感想文のように強制されるとかえってやる気が落ちるので、作業にしないことも大切です。
なるほど。

確かにこの記事もつまみ読み10秒ほどで読みました。
本は読んでいて、飽きるところは流し読み。
重要なところをマーク。
マークだけ読んで、人と話す。書く。
それが私なり。
身になるより、する
結構なるほど!と目から鱗でした。そうですよね、買った瞬間が1番の読みたいピークなはず。積ん読常習を超えて本買わないようにしているのですがこれなら積ん読にならないかも。やってみます。