新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一世を風靡したシェアサイクル。

中国で2015年頃から、政府の後押しの下、
急速な規模の拡大、大型の資金調達が続き
採算度外視で壮大な社会実験が行われ、
中国初のイノベーションとして期待された。

残念ながら、経済性が成立せず、
逆に様々な外部不経済(自転車の廃棄や交通マナーの悪化)を
生み出し、ビジネスモデルが成立しなかったことが証明された。

あえて日本として学べることを考えるとすると、
社会実装へのスピードである。

5年程度で産業サイクルを一周回している。
 - 14年~15年:ofoやモバイク設立され産業が立ち上がる
 - 16年:中国政府が業界を後押し
      新規参入相次ぎ乱立状態
      上位プレイヤーは巨額の資金調達をして一気に急拡大
 - 17年:規模拡大継続、倒産企業続出・廃棄自転車等の
      ほころびが見える
 - 18年:合併や買収が進む、ビジネスモデルの限界に皆が築く

日本人から見ると「単なるお騒がせ」という感じに映るかもしれない。

ただ、用意周到に準備しないと進めない日本と、
失敗を恐れず(というか考えず)社会実験を試す中国、
どちらが多くイノベーションを生み出せるのだろうか?
ちょっと中国に行かなかったら、もう「街の色」がすっかり変わってしまっていました。

大手が真剣に採算性や自転車管理を重視していくなら、このビジネスはある程度は存続が可能だと思うし、存続して欲しい。
シェアサイクルビジネスとは「デポジット金の運用」で、単体では赤字です
>中国の自転車シェアリング 第一生命(PDF)
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/ldi/2017/ch1707.pdf
36krさんの中国シェアサイクル再考。