新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(1)困っている見知らぬ他者の手助けをした者の割合
(2)慈善団体に寄付した者の割合
が特に低いとのことですが、

(1)は地域要素が強いのでは。昔のテレビ番組で、コンタクトを落としたふりをするとみんなどういう反応をするかという実験がなされていました。東京はみんな通り過ぎるけども、大阪はみんなで探し始めるという結果だったのが強く記憶に残っています。

(2)は日本は基本確定申告しなくていいというのが強いかと。自分で確定申告し、かつ寄付控除があるのであれば、ふるさと納税と一緒で「しないと損」。また、宗教によっては半強制寄付を求めるものもあるので、それがカウントされているかどうかで割合は大きく変わる可能性も。
教育の影響が大きいと思います。潜在的な能力は誰もが同じで努力の違いが結果を生むという考え方、頑張れば成功できるというグリットを重視する教育は、人々の努力を引き出すことになりますが、努力するチャンスがあったのに努力しなかった人に対しては冷たくなるという傾向があります。研究結果をこの論文で紹介しました。https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbef/12/0/12_75/_article/-char/ja
なんか本質的なところがズレてるな。
そもそもこれ主観調査でしょ?たとえば「見知らぬ人への手助け」というものが日本人の主観として低いということがイコール「日本人は見知らぬ人を助けない」と同義ではない。他国の人がこれは人助けと解釈するものを、日本人は「当たり前」と解釈しているから手助けだと感じないのであって。
それぞれの国の主観意識が違うのに同じ質問で比較するのはまったく無意味です。
実感と合致してる。日本では、「市民」、「市民社会」という概念が弱い。利己主義の批判が、市民的公共性を無視して、いきなり「国民」として「国家」の役に立つという発想に飛躍してしまう。他者への親愛の情だけでなく、共同体の一員としてのあるべき姿も必要。
実感に近い…ついつい見て見ぬふりをしてしまうメンタリティ、自分にも間違いなくありますが、一体何故かと言われるとわからない。。

(追記)
こちらを読むと、何故か、の部分が少しクリアになりますね。
https://newspicks.com/news/4215507
日本人は勤勉でもなければ助け合いの精神もない。あるのは「他人と同じことをやる」同調圧力だけ
まぁなんかそんな感じはしておりましたが。。
お上の国だなぁという感じはしております。

だけど行政の在り方は私たちが関わって、よくしていかなければよくなりません。誰かに委ねて、他人事にして、状況が悪くなったら誰かのせいにするってのはもう限界に来てると思う。

誰かをせめれるほど、何かしてきたか?と問うべき時代。

選挙や政治との関わりは、消費者的にお金払ったんだからとなるべきではありません。参加するものです。
データを丁寧にまとめた良記事。ただ、最終的な結論として政治嫌い(投票以外の政治行動の忌避)を挙げているのはちょっと首をかしげる所もあります。おそらく「公共は公に任せる」という意識が根底にあるはずで、実際にこれまではそれでうまく回っていたようにも。
ただ、今回の千葉の停電のこととかを考えると、公共を公にだけ任せている訳にはいかなくなっている。こういう点で、例えば夕張市などで住民意識がどう変化しているかなどは気になります。
さもありなん、という結果ですが、ではどうしたらよいか考える必要がありますね。
理屈じゃなく感じたことで書きますが
日々の生活の中で親切を感じること。どのくらいありますか?
ちょっとした新設を感じることが難しいのが日本です。