新着Pick
279Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私ももとは”技術を買ってくれるところでしか働かない!”という主義でしたが社会人を8年くらいやった今思うところがあります。
社会の大半が組織に属して生きているわけで、その文化を理解し、そのルールの中にいかに自分の意見を浸透させるかが重要なのだと思います。
最初からフリーランスではなく、むしろ学生時代にフリーランスで小遣い稼ぎすればよいのではないでしょうか
それもできないほどの腕なんであれば通用するわけないし、それが学生時代にできていたならそれをアピールして他の新卒とは違うポジションを得られると思います。
このようにして自分に良い経験を選択することが食わず嫌いでよいと思います。
あくまで個人的な意見ですが。。。
どの業界でも個人でフリーランスでちゃんと食べていける人はその道のプロです。
よく大手企業の社員が独立した途端に仕事が来なくなるなんて話がありますが、それだけ会社名ではなく、個人のスキルや実績で指名が来る世界は、通常より高いスキルや営業力が必要とされるという事です。
ましてやなんの専門性もない大学新卒程度ではかなりの狭き門。
くれぐれもプロの世界を舐めないことです。

逆に言えばその覚悟さえあれば持ち前の若さで門を蹴破る事も不可能ではありません。
自分の力で生きて行くと決めたなら、成功も失敗も全て自己決定の世界です。
私の周りにも自らの手でそういう成功を掴み取った友人が何人かいます。

普通の人には全くオススメはしませんが、そうした生き方を選ぶ若者が増えるのも、あながち悪い傾向でもないような気がします。
>「いつでもその気になれば就職できる」という市場環境が、かえって楽観的な風潮をもたらした面もあるかもしれない

これは大きな誤解でしょう。
大手企業の正社員になるには新卒一括か転職がほとんどで、フリーランスからは極めて困難です。

しかし、働き方は人それぞれなので、最初からフリーランスを選ぶのもいいと思います。

周囲に流されたのではなく自分で決断したことであれば、後悔もしないでしょうから。
私は基本的に新卒フリーランスはすすめません。
たとえば、もし皆さんの会社に業務委託の方が来たとして、その人を新卒を育てる時と同じモチベーションで育てられますか?厳しいこともその本人のためだと思って伝えて、フォローもしっかり行えますか?

たぶんほとんどの人にとって答えはNoだと思います。それはつまり新卒フリーランスの方が入社したときには先輩や上司からの接し方が変わるということです。

「成長てきるかどうかは自分次第だ」という考え方も分かりますが、現実的には環境要因も大きいことをお忘れなく。
「フリーランス」って、学生には聞こえが良いのでしょうか。雇用保険がないばかりではなく、年金も健康保険も全部自分で…というのがどれだけ大変なことか。強い意志があって起業するなら話は別ですが。

社会保障の仕組みや社会人になってからのマネープランニングなど、学生時代に情報を得られる機会がもっとあると良いなと思います。現に、奨学金返済に苦しむ若者も多いわけですし。
選択肢としてあっていいとは思います。
ただ会社で鍛えられてきた方々は優秀だなあと感じることが多々あるので、会社をトレーニングの場と考えて就職するのも当然ありです。大切なのは自分磨きを怠らないことではないでしょうか。
私も選んだわけではなく、そこしか道がなかった結果論として、新卒フリーランスに近かったですが、なかなかハードモードでした。

そもそもスキルや実績がない中でいい仕事が舞い込んでくるわけでもなく、貴重な20代をなけなしのスキルを切り売りしているように感じました。

結局わたしがゴールを達成するには一度企業に入った方がいいと思い、25歳ではじめて就職しました。

なにを人生のゴールにおいているのか、
どんな人生を歩みたいのか、

によって新卒フリーランス、企業で働く、起業する、など選べばいいのではと思います。
フリーランスの経験では自由はあったけど辛かった思いしかないので、相当な覚悟ないと勧められないなあ。起業してた頃のほうがまだ楽だった。仲間がいる分。

しかし、ライターのフリーランスは厳しい。システムのフリーランスはいいと思う。企業経験ないのは、お客様企業となる内情わからんので管理的な請負をする頃には辛くなるなあと思う。

今後、社会が変わっていっても企業はなくならないので、企業勤務を経験しておくことはプラスだと思うんだけど。
シンプルに、①食べていけるか、②やりたいことか、③楽しいか、で考えれば良いように感じました。

健康状態、も大きいような。自分ひとりが動けなくなると全て止まってしまうリスクは怖いです…

あとは、北畠さんご指摘のような、金額や人数の規模感、ってところも見逃せないかと。