新着Pick
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ、今朝から超ざわついてたニュース。文句なしの大発見です!

惑星が恒星の手前を通過するときに、大気を通ってきた光をスペクトル分解したら、H2Oの吸収線があった。このような発見、ハッブルの後継機のJWSTやWFirstが打ち上がったら相次ぐと思う。

次の目標はバイオシグネチャの検出。つまり、酸素やメタンなど、生命の存在を強く示唆する物質。そのほかに、葉緑素に特徴的なスペクトルの検出を目指す研究もあります。

系外惑星探査は、20年前は「どこにあるのか」が主な問いでした。ここ10年は「どれだけあるのか」が主な疑問でした。それはTESSでひと段落するでしょう。次の20年は「そこに何があるのか」「そこに何かいるのか」が大きな問いになります。今回はその節目となる発見となるかもしれません。

と、そんな話を拙著「宇宙に命はあるのか」5章に書いたので、興味があればご参考にしてくださいませ。

https://www.amazon.co.jp/宇宙に命はあるのか-人類が旅した一千億分の八-SB新書-小野-雅裕/dp/4797388501/ref=mp_s_a_1_1?_encoding=UTF8&imageClass=hi-res&keywords=宇宙に命はあるのか&phoneCarrier=wifi&phoneType=iPhone&qid=1568261832&rd=1&s=gateway&sprefix=宇宙に&sr=8-1&view=Touch9
水蒸気!すごい!
110光年!ちょっと遠い!

この惑星は、質量が地球の8.63倍、半径が2.71倍とのことなので、地表における重力は単純計算で1.175G。地球より17.5%大きいということか。悪くない。

論文によると、この惑星が公転している恒星は光度が僕らの太陽の2.7%という小さな赤色矮星だけど、かなり恒星に近いところを回ってて(公転周期33日)、恒星から受ける放射が1441W/m2と、かなり太陽定数1366W/m2に近い。悪くない。

つまり環境条件がけっこう似ているのかも。まだまだいっぱいクリアすべき条件はあるんだけど、ワクワクしますね。地球外生命、いるといいね。
まあつまり水蒸気ある星もありふれてそうな感じですね。つぎは酸素のスペクトル見つけられるといいですね。
本当なら姉妹紙じゃなくてネイチャー本誌に載っても良さそうなところ、論文見てると3.6σみたいやし業界的に検出の信頼性で意見が分かれてるのかなと邪推。

個人的には系外惑星探査の歴史(太陽系的なシステムを想定した探査で長らく不発)を見てるので、そもそも地球を模したバイオマーカーの想定も本当に良い戦略なのかなともおもたり
恒星を回る惑星において、質量がそれなりで軌道が恒星の放射から一定程度離れたハビタブルゾーンの星があれば、そこに水蒸気・水あることは確率的に当たり前です。

今回発見された星に生命があるかという話題がありますが、現在の科学技術ではおそらく検証不能でしょう。
ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとのこと。論文を書いたのはロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの研究チームとのこと。