新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホはすでに社会のインフラ
としてコモディティー化している。

本体と通信料は値下げがトレンドで
Appleが体力があるから一時的に仕掛けた
という類のものではない。

様々な新しい取り組みを行う人々
にとってその認識は致命的に重要。
11は価格を抑えたのかもしれませんが、ProとProMaxは相変わらず高値圏で据え置きです。

とても価格引き下げとは感じられません。

ニュースで見たところカメラを除けばイノベーティブな機能は見当たらないので、販売促進としての価格戦略とは到底思えませんが・・・。
発売時のモデル価格のグラフが分かりやすい。電子機器は一般的に値下がりする産業。Androidで安価なモデルも出てきてる中で、むしろこれまでモデルバリュエーション増やすこと含めながら、よくぞここまで値上げを続けながら数量増も続けられてきた。
今回は11の対XRでの値下がりが目立つが、5年後にこのグラフはどんな軌跡を辿ってるだろうか。
何だかんだ言っても新製品がこれだけ注目されるのはAppleというブランドにみんなが一目置いている証拠ですね。個人的には5G前の製品で皆さん手控えが予想される中で、2019年モデルがどこまで評価されるかに興味津々です。
分解してみないとわかりませんが、そもそも原価が下がっている可能性が高いと思います。コンテンツ拡充については、資金を投下するのはその通りだと思いますが。
値下げって言われても、ここ2,3年急激に無理な値上げをしただけなように感じますが…
特に、Apple Payに関しては、まだ投資回収のめどが立っていないと思うんですよね。ランニングコストもかかっていますし、だからiphone8以降、スマホの機能としてはそれほど目新しくないのに値上げしたのかと思っていました。
今日のサプライズはApple TV+とiPhone11の価格だったと思う。
値下げなのかな。元に戻っただけな気もする。
競合のサービスがある中で、類似のサービスがどれだけ伸びるのか。価格設定は、他社サービスとの併用狙いですね。他社からユーザーを奪いにいくのではなく、共存しようとしている。
アップルに体力勝負という言葉を使うのは如何なものか。
XRや8の生産設備は償却が進んだものもあるだろうし、11だってXから大幅な変更は行われてないので、値下げ余地は十分あったと捉えるべき。
個人的には価格がこなれてきた8がバランスが良さそう。まあ、もう1年XS Maxで頑張ります。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績