新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全面復旧は困難でも、昨日から10万軒以上復旧しています。
朝の段階でも東京電力のホームページは頻繁に更新され、復旧していく状況を見ると、夜通し作業されてる皆様に感謝しかありません。

北東部は順次復旧しているようですが、南側はなかなか難しいようです。

http://teideninfo.tepco.co.jp/sp/12000000000.html

東電の復旧作業は粛々と行っていただく他ありませんが、この危機状況に陥ってる千葉県を国から支援いただきたく思います。
東電労組委員長の坂田幸治さんは、2年前のインタビューで、現場の窮状を、次のように語っていました。
「依願退職が続出し、14年度に創業以来初めて行った早期退職1151人と合わせると、この6年間に約3700人が退社。東電社員は震災前の約3万9千人から3万3千人に減り、組合員も2万8千人に激減しました……」
1F事故後、東電の首都圏要員は3割以上減らされ、老朽化した送配電の施設・設備の更新は後回しになりました。
今回の復旧の遅れは、東電の現場力の衰えを如実に示しており、これ以上の要員削減は、予期せぬ「首都圏大停電」の懸念を増大させます。
☆東京、千葉、埼玉、神奈川のマンパワーの減少は、下記の表でも明らかです。
https://facta.co.jp/article/201703023.html

復旧の遅れを責めるのではなく、
東電の現場を如何に立て直すか、
真剣に考えなければなりません。
ついに3日目。自分の家で3日間も電気が止まったらどんな生活になるのか想像もつかない。でも、そういう事態が起こりうるものとして、シミュレーションをしないとダメですね。と、いうことで以前ゲットしてそのまま放置してあった、自家発電機を開封して試運転しようと思ったらエンジンオイルが必要ということがわかり、事前に分かっておいて良かったと胸を撫で下ろしたところ。とはいえそれがあっても生活をするには焼け石に水なんですが。
大変心配な状況です。南房総などでは、断水や通信障害、食料など物質不足、ガソリン不足などが重なり、生活難が深まっているようです。高齢者が多い地域が多く、きのうは熱中症で亡くなる方も二人出ました。きょうは内閣改造ですが、政府はもう一段踏み込んだ省庁横転の機敏な対応をとるべきでしょう。
東京電力の皆さま、お疲れ様です。
停電中の皆様、お見舞い申し上げます。
皆様、熱中症等には、充分お気をつけ下さい。
本日中の全面復旧を目指していた東電ですが、難しい状況とのこと。
熱中症でお亡くなりになる方も出ている中、とても心配です。
どうにか暑さを凌いでいただけたらと思います。
足を水につける、首に濡れたタオルをまくなども良いそうです。
停電情報
http://teideninfo.tepco.co.jp/
千葉県知事、政府への働きかけが弱かったのでしょうか?
いくらなんでも、首都圏通勤圏の千葉県で、インフラが止まっている時に内閣改造などしている場合か?と呆れました。
官邸に対策本部を設置しても良いくらいの状況です。
悪意のある報道姿勢。これではNHKの信頼無くすのは当たり前でしょう。

電力会社も、全国から応援とか来てるのですかね?復旧もオールジャパンでお願いします。