新着Pick

教育熱心な親が「人のせいにする子」を作るワケ

東洋経済オンライン
子どもたちの時代は、1つの会社に就職して定年まで勤め上げるような社会ではありません。 AIやIOTなど科学技術の進展は著しく、経済構造は大きく様変わりしています。時代の変革期にあってますます大切になってく…
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
理想の子どもであるためには、自分のに非があってはならない。

過剰な期待が、他責思考を生む。期待に応えるために、人のせいにして、自分を守ろうとするから。

子どもにそんな行動をさせてしまう親も他責思考です。学校のせいにする、先生のせいにする、そしてクラス、友だちのせいにする。

働いている場合は、いつも会社や上司、同僚に不満を持っている人たちです。

まず親が当事者意識を持ち、自らよく考え、自分としっかり向き合う。子どもと一緒に考える。そうすることで、子どもの自発性と可能性を引き出してあげましょう。