新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
加熱式たばこの96%が日本とは驚きでした。
従来のたばこと比べてニコチンが84%で、そのほかの成分も従来のたばこより低い含有量とされています。

https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2628970

未だその有害性は証明されていませんが、それは研究が行われていないという意味で、安全であるという意味ではありません。

先日WHOが電子たばこは有害だという声明を出し、電子たばこの有害性がようやく明らかになってきています。しかし、加熱式たばこは日本で96%使われているとの事なので、日本が研究して論文を出さなければ有害性は証明されないでしょう。

ちなみに日本呼吸器内科学会は有害な可能性があるという見解を示しています。

http://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/photos/hikanetsu_kenkai.pdf

有害かどうかわからないから使おうではなく、有害かもしれないからやめておこうという流れを作り、医療費の膨張に歯止めをかける必要があります。
IQOSはいわゆるe-cigarette(電子たばこ)ではなく、heat-not-burn(HNB) tobacco cigarette(加熱式たばこ)と分類されるものです。e-cigaretteがたばこ成分のうちニコチンのみを使用しているのに対し、HNB cigaretteではたばこの全成分を使用しています。

電子たばこも最近は肺障害でニュースを賑わせていますが、これまでの臨床試験では、一定の基準を満たした電子たばこを利用することにより、健康障害が従来のタバコよりも少ない可能性が示唆されてきました。

一方の加熱式たばこは、有害ガスが少ない可能性があると報告されていますが、それと実際に健康障害が減るかどうかは別問題で、本来健康障害をアウトカムとした臨床試験で検証される必要があります。ところが、この加熱式たばこに関しては臨床試験による検証がそもそもなく、基本的には従来のたばこと健康障害のリスクは変わらないと認識しておいた方が良いと思います。
‪電子たばこに、人を死に至らしめる危険性:米当局が調査を本格化 https://wired.jp/2019/09/11/vaping-may-have-killed-someone/

電子たばこの健康被害についての記事が最近増えている気がします。

「i」が小文字だったのが売れた理由の一つとの事ですが、すでに大文字に統一されている(日本語版iQOSページでは見出しのみなぜか小文字、またカートリッジなど一部に小文字が残っているらしい)ようですね。

テレビ含めプロモーションの影響は大きいてすね。

テレビを全く観なくなると、購買欲が全く喚起されなくなり、生活が変わりますよ。

インフルエンザ薬といい、規制が厳しく消費者がうるさいとされる日本が、政治家さえ抑えればイチコロの、世界のカモマーケット兼人体実験場になっている気がします。

タミフル、世界使用の4分の3が日本 世界では特異 https://www.zakzak.co.jp/lif/news/190601/lin1906010003-n1.html


特に、医歯薬、タバコ、パチンコ、それから車検、土木建設、などなど、規制産業という既得権フロンティアはまぁまだありそうです。
アイコスのマーケティング戦略を考えるのに興味深い記事でした。

アイコスブームの背景
・iQOSは世界販売の96%が日本で日本国内シェアは70%

日本の産業背景
・日本は、たばこの広告宣伝が法律上禁止されていない
・JTの2017年広告宣伝費は244億円、販促費1122億円
つまり、フィリップモリスとしては日本は仕掛けやすい市場だった

アイコスのマーケティング戦略を分析
・早期のメディア露出から加熱式たばこ=iQOSのブランド認知確立
・加熱式たばこ=iQOSは健康被害が少ないブランドとして好意度確立
・喫煙はiQOSならOKという飲食店も増
・iQOSケースはiPhoneケースに近いようにファッション性をもたせる
※ネーミングもiPhoneと近く、最新テクノロジー×デザインを想起させ、ビジネスパーソンは愛着を持たせやすいにようにした
アドボカシーやロビイングが決してメジャーではない我が国。
その中で、タバコという極めてユニークな商品を扱っており経営上政治的リスクと隣り合わせのJTは、政治家やマスメディアとの付き合い方という観点で、まさに知見の宝庫と言えるのではないでしょうか。
いわゆるGR(government relations)的ポジションの人が中にいるのか、ぜひ一度調べてみたいと思います。
"タバコ会社から何らかの資金提供があったのか"
ペイドパブリシティにならないような資金の受け取り方は様々。法令違反は論外ですが、色んな受け取り方がある。番組制作の対価は?という質問は何も聞いていないのと同じです
これは以前から言われていることですね。

なんとなく安全そう、匂いが少ないのがスマートそう、と思ってるのでしょうね。
安全という確証もありませんし、匂いも少ないものの変な匂いしますけど。

有害物質の濃度についても単純に計測方法で使われているフィルターが加熱式の水蒸気を通すと低く計測されるだけでは?などといった話もありますし。
つまり加熱式たばこをどうこう言いたいのではなくて、単純な濃度比較で低減できたかどうか言えないという程度の理解はしていただければと思います。



素直に感じるのは、こういったマーケティング、特に健康・医療関連において日本人は「ちょろい」だけなのでしょうね。

ヘルスリテラシーを上げていく必要を感じますね。
アイコスは日本以外の先進国でVAPEに完敗したフィリップモリスが日本で在庫処分しただけ。