新着Pick
1Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の安全保障対策に関する分かりやすいインタビューです。

ガスの方が原油よりも中東依存度が圧倒的に低く分散されている。原油の中東依存度は9割弱である一方でガスは2割程度。今後は米国やカナダからのガスの輸入も増えるので中東依存度はさらに低下していきます。

なお、日本は戦略的にLNGのハブとなることを目指しており、これにより常に必要以上のLNG玉を扱うことができるのでエネルギー安全保障上プラスである。また、LNG液化基地、LNG船、LNG受入基地までのガスバリューチェーン全体が商社、船舶会社、ガス・電力会社等の関連企業のビジネスチャンスにもなります。

ガス火力発電の方が原油や石炭火力発電よりも環境にやさしいことを考えると、ガス火力発電をベースに太陽光や風力発電とMIXしていくのが環境面でもエネルギー安全保障上も理に適っていると思われます。