新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
課題の論点がいくつかありますね。

①FacebookとInstagramのリンクをユーザーが明示的に解除しても、内部的なリンクは切れない
これはUXの分かりづらさの課題。プライバシーに敏感な企業なら、内部的なリンクは切れない旨を明記するか、きっちり内部的なリンクも削除する。

②FacebookとInstagramのアカウント連携が、ユーザーの知らない間に行われる
これはプライバシー保護の方針が問われる課題。Web上のユーザーの行動から同一のユーザーであることを特定して、ユーザーの知らない間にアカウント連携するのは、賛否が分かれそう。プライバシーに敏感な企業なら、「同じアカウントのようですが連携しますか?」や「お友達と共有しますか?」的なユーザー確認をする。

③FacebookとInstagramのアカウントの主従を決めれない
本質的には、両者ともユーザー数が多過ぎるがゆえに、どちらかのアカウントを主にして統合するのが難しい、事業上の課題。贅沢な悩みだけど、事業運営は大変そうで、分かりやすいUXに向けて絶え間ない改善あるのみ。
ソーシャルグラフを同質化するということは、Instagram側にとって悪手も良いところなのではないでしょうか。
Instagramで上司にフォローされるとか、多くの人にとっては悪夢のような話。
FacebookがSNSを買収してポートフォリオを組んでいる意味がなくなりかねません。
私はどんどん連携してくれたほうが嬉しいです。FacebookとInstagramだけでなく、TwitterにもYouTubeにもGoogleにも自動で連携してくれれば助かります。
便利さと、プライバシーは表裏一体ですね。
何をいまさら。GFAのユーザー特定能力は怖い。本来は悪意のあるシステムではなく、あらゆるブラウザ、デバイス、アプリからでもアカウントを紐付けられたら楽だよね、という発想から来ていると思いますがここまで来ると束縛でしかない
FacebookとInstagramの連携は特段違和感ないかと思います。Instagramの独立性が欲しいという方は多いですが、買収したらシームレスにサービス統合するのが自然な流れですよね。
そんなこと当たり前というくらい既知でした。
が、一般的には知らない方が多いかもしれません。「xxアカウントで認証」という場合は、大概『連携』されています。
FacebookとInstagramの連携を「明示的に解除」できる機能があるのだろうか?それの提供の有無、もしくは連携をしないと利用できないという形態のサービスにして明確にユーザーに伝えるか、こういったことがこれから求められていくのだと思う。
ユーザーサイドとしては連携を解除した場合には、Facebookなど他サービスのIDで利用していた場合は、それが使えなくなるデメリットは出てくるが…
GOOGLEだっていろんなものが連携されるからなあ。便利さと表裏一体。
恐ろしいことだが、現代のクラウドサービスを使うということはこういうことを理解しておかなくてはならないということなのだろう
ーー
例えば、使い捨て用のWhatsAppのプロフィールや、ストーキング用のInstagramアカウント、おふざけ用のFacebookプロフィールなどをつくるときに、それぞれ異なる名前やメールアドレス、デヴァイスを用いたとしても、フェイスブックなら多くの場合、それらのアカウントの真の持ち主を特定し、さらに同社傘下のほかのアプリにアカウントがあるかどうかまで探り出すことができてしまう。
だから、やらない
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
58.6 兆円

業績