新着Pick

厚労省が原因分析。小学生の自殺、最多は「家庭問題」だった。 - Hirotaka Kanno

BLOGOS - 最新記事
自殺の原因は、小学生では家庭問題が多く、中高生から学校の問題が増える――。厚生労働省が過去10年の自殺統計を分析したところ、こんな傾向が分かった。10~30代の死因で最も多いのが自殺で、政府は自殺防止対策の強化を図っている。近く閣議決定する自殺対策白書に盛り込むとしています。小学生の原因は、男女いずれも1位が家庭問題で、男子は「家族からのしつけ・叱責(しっせき)」42.9%、「学校問題その他...
2Picks
Pick に失敗しました