新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北朝鮮は今年春以降の発射で短距離弾道ミサイルまでは問題なしという雰囲気を作り、トランプ大統領もこれを認めています。
となると次は準中距離ミサイルあたりを撃ってくるのではないかと思うのですが、今回はいかに。
半島横断で撃ってますから新型という可能性は低く、短距離なら先般から撃ち始めたKN-23(北朝鮮版イスカンデル)、準中距離ならスカッド-ERあたりでしょうか。
韓国国防部の推定では最大高度40キロから60キロ、水平距離330キロとのことなので、噂の新兵器「超大型放射砲(ロケット砲)」の実験のようですね。

私も最初画像を見たとき、弾頭は500ミリ以上はあると思ったのですが、防衛庁の推定ではロケット砲としては世界最大クラスの600ミリとのことです。
面制圧兵器であるロケット砲の場合、発射速度と数が勝負で、大きければいいという問題では全くないのですが、弾道ミサイルと近い運用思想の兵器のようなので、韓国にとっては大きな脅威となるでしょう(日本には届きません)。

この半年で飛翔体の発射は10回目となりますが、結果として全て新兵器の実験(イスカンデル類似ミサイル、ATACMS類似ミサイル、超大型ロケット砲)だった訳で、従来の政治的メッセージとしての発射というより、純粋に兵器の近代化と軍事能力の増強が主眼のように見えます。
韓国軍によれば、北朝鮮が発射した飛翔体は、国連安保理の制裁決議で禁止されている短距離弾道ミサイルでした。しかし、相変わらず、トランプ大統領は北朝鮮の短距離ミサイルの発射には関心がないようです。
北朝鮮は、このミサイル発射の直前に、9月末に米国との非核化協議に応じる用意があると表明したばかりです。米国と非核化交渉を行う意思表示をした後にミサイルを発射して見せるのは、大統領選挙に向けて、何が何でも北朝鮮との非核化交渉を成功したと見せたいトランプ大統領が北朝鮮に強く出ることはないと足元を見ている可能性があります。米国を試しているとも言えます。
もう一つの可能性は、米国に対して、北朝鮮との交渉を促す効果を期待しているというものです。米国が交渉に応じなければ、北朝鮮はより挑発的な行動をとるぞ、という意味です。
しかし、米朝間の非核化交渉がうまくいくようには思えません。それは、北朝鮮の態度だけではなく、トランプ大統領にも問題があるからです。
ボルトン大統領補佐官が解任されましたが、解任の理由は北朝鮮問題ではないかという分析もあります。トランプ大統領は、自分が成功させたのだと見せることばかりに関心があるため、米朝首脳会談を急いで実施しようとしますが、首脳会談前には実務者同士がしっかりと内容を詰めておく必要があります。もし、実務者同士の話ができていなければ、首脳会談では何の成果も出せないでしょう。
ボルトン氏は、自らの功を焦るトランプ大統領に、しっかり実務者協議をやらせろ、と言ったから解任されたのではないかというのです。そうだとすると、米朝非核化交渉の内容を詰められる人物がトランプ大統領の周囲にはいなくなったということになります。
これでは、いくらトランプ大統領が金正恩氏との首脳会談をショーとして見せても、実質的に非核化を進めることはできないでしょう。
我が国の排他的経済水域への発射でなければ安全保障に直ちに影響なし、というのがこのところ政府の公式見解に見えますが、そうはいっても、核を持ち小型化にも成功したんじゃないかと言われる北朝鮮が、それがどんなものであれ、着々と運搬技術を高度化させ、見せつける行為に出ているのはやっぱり怖い (・_・;)ゾーッ
この先、厳しい財政状況の中いくらお金を注ぎ込んで探知能力と通常兵器を整えても、それが北朝鮮への抑止力になるとは思えません。頼りにする米国も、世界の警察官を降りてアメリカファーストになり、中国との力関係も微妙になりつつあるようです。実際問題、米国に届くミサイルでなければお構いない、といった態度でありますし (・。・)ウーン
安上がりの核兵器を背景に本気で北朝鮮に脅されたら、たぶん、我が国は譲るしかない立場になりそうな・・・ 脅威だと言っても仕方がないから影響なしとするのでしょうが、GDPで我が国の280分の1の隣国が我が国への脅威を着々と高めている現実に、複雑な思いを抱かないでもありません (*_*;
またですか…
今度は何を言いたくて飛ばしたのかは、また、トランプ大統領への書簡に書くのでしょうか?

毎回のことになって慣れてきている自分が怖いですが、そもそも軍事演習に関して、国際法や条約で何か明文化されたルールってありましたか?→ふと、気になりました。
このニュースのベッドラインが出たとき、為替市場では1銭も動かなかった。すなわち、全くの無反応。一般国民もマーケットも、こうしたニュースにすっかり慣れた。そのこと自体が恐ろしい。
アメリカや日本から離れようとしている韓国に致命的な打撃を与える軍事力を着実につけて、アメリカに圧力をかけ核保有国として認めさせようとしている。日本にとっても大きな脅威だが日本政府の対応は遅れ北朝鮮に恐喝される危険も増大している。拉致問題の解決は不可能な状態。北朝鮮としては長期的に核と軍事力で韓国を併合し朝鮮戦争を終わらせる長期作戦があるのでは。トランプ政権は日本駐在の米軍が攻撃されない限りは日本の為に北朝鮮を叩くことはしないのではないか。トランプ大統領はアメリカファーストで同盟に対する責任感は薄い。