新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ大統領は、他ならぬ9月11日の記念日に、米国でターリバーン代表団と「和平」達成を祝う華々しい会見を行いたかったようです。トランプ大統領はあまりそういう感性はないようですが、「不謹慎である」というのが大方の反応であり、ペンス大統領をはじめ、米国政府内部に反対意見が多く、取り止めになったようです。
 「和平」交渉は、主にカタールにおいて進められていますが、9月1日にある程度の米軍撤退の条件が米国政府とターリバーンの代表の間で合意されました。この報告を受けて、トランプ大統領はこれで「和平」ができると早合点したようです。
 「和平」といってもいろいろあります。9月1日にできた合意は、米軍はアフガニスタンから撤退し、ターリバーンは「テロ組織とは組まない」などの条件付きでフリーハンドを得るといったものでした。ベトナム戦争終盤の米軍の撤退に近い内容でしょう。
 米軍のアフガニスタン侵攻を主導したのは、いわゆるネオコンでした。彼らの戦争目標は、アフガニスタンに民主主義を根づかせ、米国の同盟国にすることでした。ネオコンにすれば、イラクや他の中東諸国をそのようにすることが米国の安全保障と長期的覇権には必要でした。そのような戦争目標は、達成されないでしょう。
 アフガニスタンがどうなろうがどうでもよく、そこで米兵が死に、米国政府の莫大な予算が費やされるのは我慢がならない、というのがトランプ大統領の立場です。これは、多数の米国人の素朴な庶民感情を代表するもので、トランプ氏が支持された所以の一つでもあります。トランプ大統領としては、米軍が撤退できればどうでもいいのでしょうが、米国政府の安全保障の専門家たちにはそれは我慢のならないことです。
この件に関しては、欧州でも様々な報道がある。たとえば、トランプ大統領は来年の大統領選に向けてアフガニスタン問題の解決を手柄にしたかったのだが、それまでの解決は時間的に難しいようなので、一転して強い姿勢をアピールし始めたという見方がある。
アフガンの現状をみるとアメリカが引くのは当面は危険というのは妥当な判断にみえます。ただ、和平をうまくまとめるための「タリバンへの脅し」かもしれません。
米軍撤退を急ぐためアフガン政府の頭越しでタリバンと交渉を進めて一応の形を作り、アフガン政府に強引に承認を求める動きを見せたのはつい先日。その動きのさなかにタリバンが自爆テロを仕掛けて犯行声明を出したら、たちまち和平協議を蹴飛ばして「過去10年で最も激しく敵を攻撃」する方向に舵を切り直したわけですね。この変わり身の早さと予測不能の動きがトランプ大統領のディールの身上か・・・ 良くも悪しくも、タフな交渉相手であることだけは間違いなさそうな (@_@; ウーン
アフガン戦争とイラク戦争は大失敗だったとアメリカ国民は大反省したのだが、トランプは、この愚を繰り返すつもりなのか。
この記事は、いきさつが書いていないので、これだけでは分からない人には分からないですね。
私も、この前のいきさつについての記事を読みなるほど…と状況を理解した次第。

良く分からないのは、トランプ大統領がなぜアフガニスタン政府を無視してタリバンと直接和平協議をすると決めたのか?と、それをタリバンが歓迎していたのならば、自爆テロは仕掛けないでしょう…という素朴な疑問。

記事には死んだ!とあるけど、見方によっては殺した!のかもしれないと感じています。

脅しとツイッターによる撹乱戦略は、通じる相手は限られているように思います。
あと、最近ではトランプ大統領の撹乱戦略も読まれていますよね。
トランプ大統領はアフガニスタンの旧支配勢力タリバンによる和平交渉を打ち切ったことを明らかにしました。