新着Pick
311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では救急車は無料であることに加え、高齢化があいまって、救急車の需要がパンクし始めているようです。
『救急車が来なくなる日:医療崩壊と再生への道』という本によると、
・緊急搬送に占める高齢者(65歳以上)の割合が増加しており、それにより出動件数も飛躍的に伸びている
- 高齢者が占める割合: 約34%(1997年)→59%(2017年)
- 出動件数: 347.6万件(1997年)→634.5万件(2017年)
5
・それに伴い、レスポンスタイム(救急要請を受けてから、現場に到着するまでの時間)も遅れている
- 7.0分(2007年)→8.6分(2017年)

日本でも、救急車が出動する基準や料金などを再考しつつ、こういったライドシェアもうまく活用していくことを考えていけるといいなと思います。
日本と米国では、保険制度が全く違うので、それをしっかりと解説した上での記事にすることが大事です。

ペインポイントが違うことを理解しないと、このビジネス拡大は理解できません。

ペインポイントのあるところに、ビジネスは生まれます。

米国は社会的な課題が山積していて、ペインポイントの宝庫であることも、スタートアップが生まれやすい理由です。

逆に言えば、日本の社会は、住みやすすぎて、ペインポイントが少ないので、新たなサービスが生まれづらいとも言えます。

必要は発明の母ということですね。
日本は救急車は無料だが、

米国は、救急車は有料でしかもとても高額(5万円以上)。
加えて、場合によっては、保険でカバーしない場合もある。

利用者の症状の重さ次第だが、比較的軽ければ、
タクシーやライドシェアを利用している方が多いと聞く。

救急搬送サービスに特化したスタートアップも米国では出ている。

必要は発明の母ということ。
アメリカに住んでいた時に不幸にも救急車を利用したことがありますが、その時は保険に加入していたので本当に助かりました。請求書の額にはほんとに驚きました。

医療費が高騰し続けている日本で、遅かれ早かれ救急車費用負担の問題は無視できなくなり、今後議論されていくと思います。もちろん、様々考慮すべき点があり容易ではありません。

これから改めて持続可能な日本の医療システムの改革が必要な時だと思います。
Lyftもこの領域には進出を図っていますが、Uberが現在は認知含めて先行している状況です。

差別化のためLyftは緊急車両で輸送後の治療までワンストップに行う仕組みをブロックチェーン企業と実証レベルでは取り組んでいます。

MaaS領域のシェアリングと診断結果を個人の医療パスポートとして自分自身のデータベースに書き込み保存するような動きはいくつか出てくると思います。