新着Pick
905Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ライフイズテックで各地を回る中で、令和時代にも根強く残る地方と首都圏の格差を感じてきました。それが「可能性の認識差」です。

触れる情報や教育機会によって、自分が今何ができるかの認識が変わり、その認識差により人生に大きな差が生まれる、という格差です。

テクノロジー全盛の令和時代には、テクノロジーの活用が格差の是正にも拡大にも大きな影響力を持ちます。しかし、テクノロジーを学ぶ機会には既に大きな地域格差が生まれており、世界的には後進国になりつつあります。

そういった新しい格差の構造について、現場での体感交えて書かせてもらいました。皆さんが感じる「可能性の認識差」についてコメント頂けたら幸いです。
可能性の認識差は様々な体験・経験に生じる問題です。特にプログラミング教育などIT関連の認識については、そもそもの機器整備が遅れているので危機的な状況です。

この原因は大きく2つあると思っています。
まず、大人が可能性を認識していないことです。プログラミング教育へのきっかけが親や先生にあるように、可能性を認識している大人が少ないです。地方だろうと首都圏だろうと日常には自然やプロダクトが溢れているにも関わらず、大人がそれらに対して無関心で、単なる消費者になってしまってます。大人が子どもを支援できるようになるためには、大人が可能性を認識することが必要です。
次に、教育現場から大人の学びまで、圧倒的に「表現」する機会が少ないことです。総務省の平成30年版情報通信白書によれば、SNSの利用に関する各国比較で、日本は情報発信や発言する人の割合が低く出ています。SNSという限られたコミュニティですらこの状況です。自分の想い・意見などを表現することに慣れていないので、創造的だとおもうことはできませんし、ましてや自分でマルチメディア作品を作ることなどは躊躇します。

大人が意図せずして子どもの可能性を摘まないためにも、大人が関心を広げて可能性を認識しなければ、子どもの可能性はどんどん閉じてしまいます。
地方に住んでいる身として、すごく共感します。今や情報としてはネットで引き出すことはできる。しかし身近にロールモデルとなる人が少ないと、どうしてもその情報にまで辿りつきにくい。というか、その世界があるということに気がつきにくいわけです。

「低い天井をつけるな」というのは、まさにその通りですが、一方で我々はそれを低い天井だと認識することが殆どありません。子どもを教育するという観点では、自らの経験を元にするので誰も自分の天井が低いとは思っていないわけです。そして、その親や先生の経験値による天井の高さが首都圏と地方では違う。

なので、これからは大人側のマインドセット自体を変える必要があるのだろうと。大人が設定した基準(天井)にどこまで到達するかではなく、我々の知らない世界(天井の上)にどこまで行けるか。そうなると大人の天井差は関係なくなります。

その点でプログラミングは一つのトリガーになる可能性を感じます。何故なら多くの大人がiPhoneアプリの作り方を知らない。その大人が知らない世界で、子どもは1日で簡単なものを作り始めてしまう。そしてきっかけを掴むと、どんどん進化していく。子どもが2、3歳の時に感じた「うちの子って天才かも」の世界を垣間見せてくれたりするわけです。

そうした小さなきっかけから、大人がもう一度子どもの可能性を信じるようになること。それこそが日本の教育の起爆剤だと信じています。
讃井さんと同じ福岡出身です。
福岡と東京の可能性の差は福岡の中でも郊外の街と都市部の街でも可能性、機会の差はある。可能性、選択肢の違いがカルチャーショックになるくらい。
その違いが完全になくなることはこの先もないだろうが
インターネットと親の力でディファレンスをハンデにしないようにはできますね。
いま東京都心部でスマホ、youtube、アレクサ、Siriを操る4歳の子育て中、
ITを子守の代替でなく能力開発につかわなくちゃ!
通信インフラは全国あまねく整備されているのに、東京と地方との情報格差が時が経つにつれて広がっているなぁと感じます。
インフラはあっても、そのインフラでどのようなコンテンツを得るか、その質に差が出ている感覚です。

その原因として、地方は地元経済圏で情報が完結しやすいため、他地域や世界から情報を得る機会、その得た情報を評価するインフラが地元で未発達であること、更にはその情報を活かした経済活動につながりにくいことが、要因としてあるのではないでしょうか。

地方にいる人々は格差があること自体を知らないことも多いので、東京にある企業が全国展開する効果は、とても大きい!

特に教育の領域でこのような動きが進み、地元でその能力を活かせる場所や職場ができ、そして豊かな生活ができれば、東京一極集中も少しは緩和するのでしょう。
今後の展開に注目したいです!
興味深いです。ワタシは名古屋出身、大学を出てから東京に来ました。名古屋はそこまで「地方」という感じはない?のかもしれませんが、この記事に似た感覚はありました。当時と今は違うにせよ、おそらくあのまま名古屋に居たら、少なくとも今のキャリアトラックでは無かったと思います。

どこに居ても・住んでいても仕事ができるビジネス分野やその環境が整い始めている一方で、讃井さんの言う「学習環境」や「可能性の認識」においては、まだまだ差がある。大いに気にすべき問題だと感じました。
「可能性の認識差」に関する非常に興味深い記事です。

子供の可能性の認識差は環境による影響が大きいので、結局のところ、その環境を用意してあげられる大人の問題にも帰結するように思います。

テクノロジーに関しても「ウチの会社もテレワークを本格的に導入しよう!」と言い出している大手町・丸の内系の会社の偉い人がSlackもZoomも知らなかったりします。

一事が万事なので、こういう大人が子供たちに可能性を認識させるなんて器用なことは期待できないかもしれません。

記事の後半で大人が子供の可能性をつぶしてしまうことに触れられていましたが、私が高校のラグビー部のコーチをしているときに思い当たる節がありますね。

いまだにパパとママは就職人気ランキングの上位に名を連ねる会社に子供を入れたがるし、子供もその期待に応えようとするんですね。

高校生も高校生で「ウチの大学を出たら、みんな年収1000万は超えますよね?」と聞いてくるわけです。そんな時代はもう30年も前に終わっとるよと率直に伝えるわけですが、これも大人が子供の可能性に目覚める機会を根こそぎ奪った結果です。

私自身は自分の可能性に気付きさえすれば未来が開けると思いますし、それは何歳でも遅くないと信じていますが、それでも、日本をマクロ的に見た場合には少しでも早い方がいいに決まっています。

ライフイズテックさんの素敵な取り組みを応援したいですね♪
保育園〜高校までを富山の田舎の公立で過ごし、泣きながら机に齧り付いて東大に進みましたが、今なお、僕の地元のような地方都市では「可能性の認識差」がものすごく大きいです。

しかしながら、そもそも上記が全然理解されていない現状、いわば「『可能性の認識差』についての認識差」も甚大。その解消に取り組みまくるライフイズテックは本当素晴らしい!
『家庭でも学校でも、大人が課していた低い天井を今すぐ壊し、子どもたちを情報や機会に積極的に触れさせてみてはいかがでしょうか。それが21世紀に生きる大人が子どもに提供すべき教育です。』共感します!

ただ、地方と首都圏の「可能性の認識差」は昔からありました。私の学生時代も、地方出身の私と、首都圏出身の学生とでは大きな情報・可能性の格差がありました。

そして、格差も悪くないです!この状況をこのような記事で認識することで、内なる想いや投資が湧き出ることが大切だと思います!

「仕事も人生も”学歴”で決まります。」

学歴=学習歴。社会人になってどれだけ、がむしゃらに自分の時間に投資し勉強するか!?

地方出身者や「可能性の認識差」を不満に思う方は、

『大きな未完人』

として、荒れ狂うように、夢大きく、志高く、学習歴を磨きましょう。
興味ある分野を真剣に1週間ネット検索するだけでも格差を埋めるうねりは創り出せます!

必ず飛躍できるはずですし、道は開かれるはずです!

STAY GOLD!!!
地方と東京の機会格差はカタリバの久美さんもずっと熱心に取り組まれていることだよなあ。

個人的には、自分の子供は全然中学受験とかさせたいと思わないなあ。母校に入れたいとも一ミリも思わないし時代錯誤感あると思っちゃう....