新着Pick
235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たしかに娘の小学校は休校。息子の保育園からは「スタッフ配置を出来る限り対応しているが、できるだけ自宅待機に協力ください」と連絡が来ました。
それでも通常より1時間遅れで保育園に行くと、いつもより多くの保育士さんが笑顔で迎えてくれました。

保育園を利用する親の立場からすれば本当にありがたい一方で、「保育士の安全面なんてどうでもいいから何が何でも保育園を開けろ」と思っている親はいないはず。
こういう声が然るべき場所にしっかり届き、保育士さんの働く環境が改善されることを願います。
フローレンス駒崎さんのポスト。こういう風に、世の中で当たり前になっていることに健全に違和感を感じ、それを力強く発信して社会を変えていくのが社会起業家としての役割だと改めて思う。
責任を取れない責任者たちの言い訳に現場が翻弄される。

この国が失ったのは30年ではなく、80年です。
今旬の災害時の出勤をどうするか問題。

・出勤すべきではない。リモートでいいだろう
・出勤せざるを得ない人もいる。その人たちを崇めるべきだ

いずれの言い分もよく分かる。
どちらが良いとも言い切れないが、無思考でこれまでと同じやり方を続けるだけ、っていうのは避けたい。

これを機に、今後の方向性をみなさまが考えるきっかけになったら良いなぁ、と思う。
良き文化は継承しつつも、仕組みは時代の流れに応じて変化させても良いのではないだろうか、と思います。
これはいい問題提議なんだが。
ふと思ったのは学童クラブも同じように学校が遅くなる状況でも朝からやってくれていること。同じように学童クラブの職員にも、負担があるのではないかと思わされた。
保育園は何があっても開くって、はじめて知りました。
なら、やるべきことはシンプル。きちんとルールを決めるべきだと思います。『ルールがないから休めません』というのは明らかにおかしい。
人の命より大切なものって何ですか?