新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過剰流動性、イノベーションブームによる一部ユニコーンのハイパーインフレと、それに対するより戻しを象徴するIPOとなる可能性が日増しに高まってきた。
が、そうしたマクロ観とは別に、この会社、この経営者、そしてここの投資家の個別要因も大きい。

第一に、そもそもIPOではエクイティのみならず同額レベルのデット調達を予定している。エクイティのみの調達とは算数が異なるので単純ではない。

第二に、ソフトバンクの出資もまた、デットを大いに織り交ぜており、インド人元ベテランバンカー、ラジーブミスラ率いるSVAが複雑なスキーム、コベナンツ、カラー取引などを駆使しているはずである。単純にダウンラウンドだなんだと外部からは計算できない。この人たちだけ得するスキームに、仮になっていたとしても驚きは無い。

第三に、くせものはJPモルガン。
GSとならぶ主幹事だが、目論見書のCapテーブル大株主に名前が乗っている。つまり値付けを行う人が沢山株を持っている。
元来私はこのコンフリクトは問題だと思っており、例えばFacebookのIPOではGSがラストラウンドで大きく出資し、その後すっ高値のIPO値付けをして、直後に半値くらいに下げた、つまり一般株主にババ抜きをさせた。今回も同じ鉄を踏まないか。資本市場関係者はこの点議論するべきだと思う。
もともとそう見る向きもあったところ、IPO開示書類でのうさんくさい記述でマーケットが完全に”単なる不動産屋”(不動産業も立派なビジネスだと思いますが)と見てしまい評価引き下げに歯止めがかからない状況。

いまここで無理にIPOデビューする事情がわかりません。さすがに投資家は怒るでしょうに。
実際にWeWorkのオフィスで仕事をしていた感覚からすると、元々のバリエーションが不思議ではありました。WeWorkはグローバルで統一感を出すために、什器が決まっていたり、壁に物を貼り付けるのに制約があったりと、値段の割に自由度が低いのも気になっていました。

最近は、良い立地でオシャレで開放的な空間というWeWorkと同じようなシェアオフィスサービスがより安価に出てきていますから、WeWorkを選ぶ理由は、ブランド力とコミュニティにその価値を感じるかどうかだと思います。

スタートアップや個人でお仕事されている方であれば、WeWorkのコミュニティの価値は高いのかもしれませんが、日本のWeWorkは大企業が多く入居しており、キッチン等で盛り上がって意思決定して何かが生み出されるというサイクルが機能しやすい環境ではないと思います。

かといって、スタートアップや個人の方であの賃料を気軽に払える会社というのもそう多くないのではないでしょうか?
ソフトバンクの引き受け、加重平均だと200億ドルより遥かに下だろうし、最終ラウンドもラチェット条項とか入れてて損しないようにしてるんだと思う。経営者の持ち株比率が減るだけ。多少損しても流動性を持たせた方が良いという判断
100億ドル以下

ちなみに上場前に株主がカラー取引など駆使して自分たちだけ得する【複雑な】スキームを組むことは無理。できるとしたら名義貸しぐらいであり、それは違法だ。
今年、ソフトバンクグループから出資を受けた際の評価額は470億ドル。先週、その評価額の目標額が200億-300億ドル程度になるのではないかと報道されていたが、さらに再評価で200ドル未満へ引き下げられる検討がされているとのこと。

ウィーワーク、IPOで従来想定の半分弱の評価額視野に-関係者
https://newspicks.com/news/4199142/body/
この局面で評価額を下げることで誰が損して誰が得するのか知りたいですね。ビジネスモデルを論じることには意味がありません。
合計約1.6兆円を調達して、バリュエーションが2兆円を下回るという事態が現実味を帯びてきましたね。ストックオプションを保有している社員がかなり割りを食いそう。
参入障壁が低いビジネスモデルで、話題性が先行して他社より賃料が高いのではなかなか厳しいでしょう。
また、創業者が上場前に株を売り抜けてるのも問題になりそうです。
ソフトバンクにとっては数ある投資先の一社に過ぎませんが。
何かややこしい力が働いているように
感じます。