新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10月31日になれば、英国はEUから自動的に離脱する、というのが既定事項です。それを止めるためには、英国政府とEU加盟国の全政府が合意する必要があります。そして、止めるなら止めるで、どうするのか、EUに留まるのか、それとも何らかの条件を決め直して離脱するのか、新たな合意を迅速につくる必要があります。
 ジョンソン首相は、身内の保守党からさえ造反者を多数出しつつも、10月31日には何が何でも離脱する、という明確な主張を一貫して持っています。
 野党である労働党のコービン党首がやるべきことは、自分の方針はこういうものである、と示し、それを実現するために、総選挙をやって勝って自分が首相になる、EU全政府と交渉して実現する、というプランを示し、実行することです。しかし、コービン党首は、そのようなことはしてきませんでした。
 野党の労働党も、EUからの離脱についての見解はバラバラです。ジョンソン首相がすることはとにかく悪いので反対しよう、ということでしか一致できていません。それもあって、コービン党首も明確な離脱案を示さないし、総選挙もやりたがりません。
 ジョンソン首相としては、グダグダ引き延ばして、10月31日を迎えれば、年来の主張であるEUからの離脱は実現できてしまいます。
英国とEUとの間で新たな合意を結ぶ機会は、10月17日〜18日のEU首脳会談しかない。しかし、EU理事会議長国であるフィランドのアンティ・リンネ氏は、英国側との妥協の可能性を否定視ている。この点を無視して、英国内で何を争っても無意味だ。
イギリスではEUに対し、離脱期限の延期を求めることを政府に義務づける法案が本日成立する見通し。
一方、ジョンソン首相は期限である来月末に離脱する姿勢を崩しておらず、今後の動向も気になるところ。
ボリス氏の言動が煽動的で上品ではないことをは、保守党の人達は、充分理解していたのではないかと思うのですが。
分かっていても、いざ首相になったら我慢出来ない…ということでしょうか。
ボリス氏は市民には人気がある…と言われていましたが、今でもそうなんですかね。
この支離滅裂なイギリスは見たくなかったです。

ジョンソン首相に対しては、離脱の進め方が強権的だとして保守党内からも反発が相次ぎ