新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
医師の視点から言うとありえる話とありえない話が混ざっていて興味深いです。
外来患者の処方箋の取り違えは残念ながらありえなくもないですが、院外薬局で処方箋を提出した時にダブルチェックが入るので、実際に間違えられることはほぼないでしょう。
次にKClの注射の話が出てきていますが、この薬は急速に注射すると致死的な不整脈を起こすため、絶対にやってはいけないこととして医療者の中では有名です。現在ではこういったことが起きないように注射製剤の形が工夫されているため、昔はあったかもしれませんが現在は十分な予防策が取られています。

こういったミスが起こることは患者側としては絶対に許せませんが、一方で医療者も人間なので誰しもミスをする場合があります。重要なのは、誰しもミスをするものという事実を認めたうえで、起こりやすいミスや、その手前の状況を集合知として蓄積し、ミスが起こりようがないシステムを皆で構築することだと思います。最近ではどこの病院にも医療安全管理部があり、そのような対策を行っています。