新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国営石油会社アラムコの株式新規上場が、2018年初めには完了していたはずなのに、未だに実現していません。そのために体制が組み直されたといえます。IPOについて重要なのは、エネルギー相の人事以上に、アラムコの人事でしょう。
 アラムコの上場は、ムハンマド・ビン・サルマーン王太子が掲げる「改革」の主要な資金源なので、これがうまくいかなければ始まりません。そこで起用されたのが、王太子の主要な取り巻きの一人であり、サウディアラビアの国営投資基金の理事長であるヤ―シル・アッ=ルマイヤーン氏です。彼は、ソフトバンクの孫正義会長を王太子に仲介して、サウディアラビアに投資するに至らせた中心人物でもあります。先日、アラムコの代表取締役にも任命されました。石油屋に代えて、金融屋にアラムコの上場を任せた、といったところです。
https://newspicks.com/news/3386161
 とはいえ、そもそもアラムコの上場が実現しないのは、アル=ファーリハ氏が金融に疎いせいというより、上場に必要な会計監査の基準を受け入れないとか、上場した国では訴訟の対象にならない免責特権が欲しいといった無茶なことを、アル=ファーリハ氏の上司が求めているせいです。
 今回解任されたハーリド・アル=ファーリハ氏は、技術職出身ですが、アラムコのCEO兼エネルギー相を兼ねてきました。今月、アラムコからは解任されました。エネルギー省は分割されて、エネルギー省と産業・鉱物資源省になりました。アル=ファーリハ氏の現在の職務は、産業・鉱物資源大臣です。
マレーシアでも各紙が伝えてますね。石油依存からの脱却プログラムで重要な資金源となるサウジアラムコの上場準備が芳しくない事が人事劇の背景と伝えられています。

◆ Opec kingpin Saudi Arabia replaces energy minister
https://www.malaymail.com/news/money/2019/09/08/opec-kingpin-saudi-arabia-replaces-energy-minister-reports-state-media/1788396
アラムコIPO、誰がやってもできないものはできないんでは。
【国際】サウジアラビアのエネルギー産業鉱物資源相のポストはその前身の石油鉱物資源相の時から非王族のテクノクラートが就任するといのが慣例で、過去にはヤマニ氏やヌアイミ氏といった人物が長期間にわたってそのポストにあった。アブドゥルアズィズ・ビン・サルマン王子はヌアイミ氏が引退する際にも後継として名前が挙がっていたが、当時は従来の慣例が尊重された。今回、アプドゥルアズィズ王子が大臣に就任することで、石油に関する実権も完全にサウード家に移ったと言えそう。

また、サウード家内の権力地図については、これまでハッサ王妃の系譜を引いたいわゆる「スデイリ系」が強かったが、ムハンマド・ビン・ナーイフ前皇太子の失脚以降、確実にサルマン国王の直系に権力が集中する形になっている。
いろいろ動いてる感じですね。調べよう。
アラムコのIPO含めた文脈ではあろうが、無理難題は比較的MBSのこだわりの部分が大きいように思う。そして東証でのIPOも噂されるが、今は実質的に機能していない東証外国株市場に上場するとなった時に、どんな無理難題が出て、どこまで東証として付き合うのだろう…何回かコメントしているが原油マーケットがドルマーケットのなかで、日本円での取引でやるのかというのが個人的には気になっている。
にしても、「交代」ではなく「解任」とは穏やかではない。まぁ皇太子まで「解任」があるので驚きはないが…
先日、サウジアラムコ会長から解任されたファリハエネルギー産業鉱物資源相が、同職からも解任との報道。どういう意図の人事なのだろう?

「サウジ、アラムコの会長交代へ IPOに向け独立性強化」(The Wall Street Journal、9月3日)
https://newspicks.com/news/4187454
王子ホールディングス株式会社(おうじホールディングス、英名:Oji Holdings Corporation)は、王子製紙などの企業を傘下に持つ、王子グループの持株会社である。売上高ベースでは日本国内における製紙業界では最大手。三井グループと第一勧銀グループに属する。 ウィキペディア
時価総額
6,604 億円

業績