新着Pick
1042Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
清々しい。ご本人は『ユニクロ店長で得たスキルのうちアクセンチュアで使えたのはわずか10パーセント、残りは1から学びなおし』言ってますが
・短サイクルで課題特定し打ち手までを完遂するスキル
・大クレームに対応しながら夜はメンバー育成面談などマルチタスク
・分業型のオペレーションビジネスの中どう人に動機や目的を呈するか
・なんと言っても予算必達 そのための率先垂範
・それやりながら柳生さんに3分でプレゼン
など活きる活きる!

この方の最大の資質はそこを『ファストリ新卒最短店長というプロフィールにレバレッジ効かせてアクセンチュアで一花』なんて考えずに潔く捨て、学び直し、作り直しする謙虚な姿勢だと思う。
保証がない世界で身一つで仕事だけ見て評価されにいく、
そういう人に周りは手を差し伸べたくなるものです。
前職の仕事のやり方や、プライドは一度捨てるのが転職成功のルールーー。ユニクロ店長から、コンサルに転じた藤原さんの言葉です。前職のファーストリテイリング時代、藤原さんは、柳井社長に直接プレゼンし、Goサインを得たすごい経験の持ち主なのにも拘らず…やはり業種・職種を変える転職には、手持ちスキルの不足分を補うものすごいパワーが必要になるのでしょう。しかし、それを乗り越えた後、たしかな力が手に入るのだと思います。

それにしても、柳井社長の「意志」を重視する視点はさすがの一言。本文に出てくる「ライフ・イズ…」の名言も心に残りました。
本当にやりたいことを言語化できるビジネスパーソンは少数です。
曖昧模糊に“こうなれたらいいな”ではなく、慧可断臂に“これを実現する”と言い切るには、自分自身と向き合い、葛藤を繰り返す必要があります。

記述にある通り、内発的動機を醸成することは大変難しいです。他人からの外発的動機付けにより内発的動機が創出されるケースも多く存在します。「立場が人を作る」もその一種。
お名前の「希望」が人生のベースになっていますね。「本音を言ってくれた人に、希望を持ってもらう相談相手になりたい」と。

多くの人たちの希望を叶えるために、またぎ転職する。それが希望さんの希望でもある。すばらしい!
本論と少しズレるかもですが、またぐだけでなく、そこにいながら極めた上で外と掛け算するというやり方もあるのかなと。最近はまたぐ人が増えているけど、ただまたぐだけだとどれも中途半端な人になってしまいますね。
クライアントに、「スキルはどこの会社も同じようなもの。だから、想いがあるところに依頼したい」と言われたことがあります。
コンサル会社は製品がないので、人材が商品です。
なので、コンサル業務は、その人の人柄を含めた総合力で依頼されるのだと思います。
ユニクロの店長は色々と得るものはあると思います。売り上げも売り場も在庫もスタッフも全部店長の責任になるので、接客が好きな人にはピッタリですね。ただ気合と根性で売上達成している店舗が多いです。
共感。「できるかできないか」というスキルの話というより、大事なのは「やるかやらないか」という意志。意志があれば道は開けるし、自ずとスキルもついてくる。意志を前提とした働き方ができれば、働きがいもでてくるだろうと思う。
この連載について
上司とソリが合わないから、同業他社に転職する……。そんな後ろ暗い転職よ、さらば。 今は、成長の機会を取りに行くために、より伸びている業種・職種に横スライドする時代だ。 では、引き合い殺到の「伸びている職種」とは?  そのランキングを掲載するとともに、業種・職種をまたいで転職したロールモデル達から、成功の極意を引き出す。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.92 兆円

業績