新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「○○はAIにできない」は意味がない。

見たことがないAIの未来なんて断言できないですよ。

確実なことは、AIを見くびって、たかをくくっている人は、淘汰される可能性が高いということ。

現状に甘んじることなく、成長を続ければいいだけです。

AI対AIで片付くことは、どんどんやってもらいましょう。
交渉を含む対人コミュニケーションは生身の人間が付加価値を発揮する場として残り続けると思います。生身の人間の交渉で行われていた商取引が機械によって自動化される結果、人間の交渉が不要になるということはありうると思います(例、アドテク)が、それは人間の交渉力が不要になることにはつながらないと思います。

よってもって、異文化コミュニケーション力を含む、対人コミュニケーション能力は今後ますます重要になると思います。
Say your conclusion first and be succinct at all times.
「交渉」にも、基本的な「方法論(例えばZOPAなど)がありますので、通常のスキルレベルであれば、AIの方がスキルが低い人間よりは交渉は上手だと思います。

どのような分野でも同じだと思いますが、非常に広範囲で深い知識と経験が必要となる領域では、機械学習によるAIは人間にはかないませんが、そうでない場合には、領域や分野を選ばず、AIでも人間以上のことができると考えています。

実際、現場をみていると、私自身も含め交渉術が稚拙なケースを目にすることが少なからずあります。

私は「交渉AI」があったら欲しいですし、積極的に使いたいです。(笑)
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績