新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各国の中央銀行が懸念を強めるのは、ビットコインが単なる暗号資産だったのに対し、リブラはデジタル通貨として機能(流通)する可能性が高いからだと思います。
本人のインタビューを聞いてみました。

まず、リブラが世界中で信頼されて広く普及する可能性が高い理由の一つはリブラには裏付け資産があるという点です。(ドルが当初金と兌換可能だったこととリスク面では似ていると思います)。

また、英語でパウエル議長の発言を聞いて大事だと思ったのはFRBがリブラが「Systematically important」という表現をしたことではないでしょうか。これは一般的な意味での「システム上大事」という以上の意味があると思います。

金融の世界でSystemically Importantというと、G-SIFIs(Global Systemically Important Financial Institutions)を連想させます。G-SIFIsとは、主要各国の中央銀行や金融監督当局で構成される金融安定理事会(FSB)が指定した、 金融システム上世界経済に与える影響が極めて大きい金融機関を指します。

つまりFacebookやリブラはG-SIFIsと同様の規制下に置かれることになりそうですが、例えばFacebookは銀行免許や当局への各種申請や報告が必要になってくるのでしょうか?
あまりガチガチにやるとリブラの利便性が損なわれかねません。
Facebookは打ち出し方を完全にミスった。スマコンプラットフォームと言っておけば、ここまでの大ごとにならなかったのに

パウエル議長は「リブラ」について、すぐにシステム上重要になる可能性があり、最も高度な規制・監督を見込み続ける必要性が生じるとの認識を示した上で、実施を急ぐことにはならないだろうと述べた。
サイバーリスクにも言及。最高度の規制下に置くべきと発言。個人を守るという立場で、Libraに対する見解を述べています。Libraの実現はさらにむずかしくなっています。

ちなみに、Libraはフェイスブックの2番目の仮想通貨です。第1弾はFacebook Creditsという仮想通貨でした。これは1年で中止しています。Libraについても同様の懸念があります。リリースしてすぐにやめてしまうかもしれない。Libraを活用している人にとって、突然「やーめた」と宣言されたら、たまったものではありません。パウエルさんはそういうことも考えているようです。フェイスブックに数十億人の利用者が巻き込まれる恐れもあると。
金融政策が限界に達し、どの国の政府も有効な政策を打ち出せていない。
こういう中でのLibraの登場は大きな刺激を各国に与えるものであり、特に中南米やアフリカなどの自国通貨の弱い通貨を持つ人々の期待は大きくなるはず。

その人口を考えると、先進国が規制を行うことができるのか疑問に思ってしまう。
正に数は力となり、世界の勢力図が変わるほどのインパクトを持つ可能性がある。

そのような背景の中、FRBとしてこれをどのように位置付けるべきかは簡単に言葉に出来ないだろう。
Facebookにとってはもしかしたらとてつもないチャンスを手に入れたのかもしれないし、逆に規制をかける口実を与えてしまったものなのかもしれない。

地獄の釜の蓋が開くのか、素晴らしい未来が始まるのか、まだそれは分からない…
先日はECB専務理事がリブラのリスクを警告したり、EU当局がリブラの調査を開始したとも報じられていました。
【メルシュECB専務理事、「リブラ」巡るリスクを警告】
https://newspicks.com/news/4186351
【EU当局がFBのリブラを調査、競争阻害のリスクを判断へ】
https://newspicks.com/news/4195971

パウエル議長の討論会での発言は下記をご参照。
【FRB議長、景気拡大へ「適切に行動」と再表明 追加利下げ示唆】
https://newspicks.com/news/4203007
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
62.5 兆円

業績