新着Pick
449Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
たしかNetflixでは一つのKPIしかみていない、それはユーザーの月間視聴時間。一定時間以上視聴すると、絶対にチャーン(解約)しない水準があり、ここに挙げられた5つの施策は全てその一つの指標の向上に向けられているかと。このチャーンしない一定視聴時間=マジックナンバーは国ごとに異なり、データの蓄積とともに精緻化される。クリエイティブをデータで支えるNetflixの真髄。
自社の推薦アルゴリズムより精度10%上回る新しい手法を提案できたチームに1億円、というどデカイコンテストを打ち上げたのも、もう10年前。推薦技術にもご多分に漏れずDNNが入り込んできていますが、認識などをするわけではないのでCNNとかRNN、RLではないのです。勉強すればするほど奥が深い。

Netflix Prize
https://en.wikipedia.org/wiki/Netflix_Prize
テクノロジーとデータ分析によるサービス改善って、あたり前のようで実はできていないところが多い(できているようにイベントや取材では話していても中身はぐちゃぐちゃのところも)。

これらの話よりも個人的にネットフリックスがすごいと思うのはオリジナルコンテンツの質の高さ。これは他の追随を許さない。

毎日新聞の小川さんがコメントで古い作品も充実して欲しいと書いていたけれど、Netflix登録している人は、Amazonプライムも使っていて、そういった古い作品の充実度はそちらに求める人が多いのでは。Amazonプライムは他のサービスの関係で動画関係なく登録している人多いし。

で、Netflixのオリジナルでいうと、最近のものだけでもドキュメンタリーでAOCの当選までを描いたKnock down the houseやケンブリッジアナリティカとFacebookの内幕を暴いたThe Great Hack、日本だと全裸監督にテラスハウス(大好きです)などなど。

コンテンツ・イズ・キングだ。
これは知りませんでした。『2015年以前は1GBのデータで可能な視聴時間は1.5時間だったが、2015年以降は2.5時間へと長時間化。現在では6.5時間』
これのおかげで高画質動画がサクサクみられるんですね。
画質については、うちはハイビジョンの60インチ画面ですが、3〜4m離れるとこれで十分。家電屋に4Kも見に行くのですが必要性を感じないので、壊れるまで買換えません。
自分は主にアニメ、たまに洋画という使い方なんですが、Amazonプライム・ビデオにdアニメを加えると格安で大量の良質作品を見られることがわかり、その時点でNetflixは解約しました。オリジナルで見たいものが出たら、その時だけまた会員になればいい。DAZNもテニスの
シーズンが終われば解約です。NBAが始まれば八村くんを見たいので楽天に入るかも。
WOWOWだけは入りっぱなしですが。あと仕方なくNHKも(笑)
Netflix をクロームキャストで飛ばしてテレビ画面で見るのが休日の過ごし方になりました。Amazonプライム・ビデオもクロームキャストに対応するようになり、テレビ番組はますます見る機会が減っています。Netflix のこだわりと戦略がよくわかる記事です。ただ、オリジナルコンテンツにリソースを割きすぎて過去作品のアーカイブがおろそかになるのはどうかなとも思います。オリジナル映画「ローマ」がオスカーを獲得して波に乗っているのでしょうが、やはり過去の名作もフォローしてほしいです。「第三の男」「市民ケーン」「サウンドオブミュージック」などの過去の名作に対して、Netflix は関心がなさすぎると思います。その点、Amazonプライム・ビデオは品揃えがきちんとしています。見習ってほしいです。
Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Hulu、Abema TV、GYAOを利用してます。

その中でNetflixは、早くから動画データの軽量化に取り組まれていて、技術力の高さを実感してます。

さらに視聴し続けてスマホが熱くなった経験も無いんですよね。
ここに出てきたことは、日々#Netflixを見ていて感じたことと一致している。ミレニアル友人も「他人と同じものを見なくてもいいのは、当たり前」と思っている。Netflixのビジネスモデルはそれに合致している。
「技術と体験の両方を高度なレベルにすることで他社とは違うものにする」

ということですね。

Disneyの参入により、厳しい業界になってきましたが、まだ当分はNetflixの強みは失われないと思います。

特に、画質や音質に関わる技術面に関しては、それほど簡単にはキャッチアップできませんので。
残念ながら観たいと思うオリジナルコンテンツがない。
ローカルサーバーのコンパクトさとか、Netflix登録後にテレビデバイスでの視聴時間が増えることとか、色々と興味深い。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
13.4 兆円

業績