新着Pick
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の政治風土のなかで中道の独立系候補が勝利する可能性は限りなくゼロに近いのだから、立候補断念したのは合理的
財政再建重視、社会テーマにはリベラル、という立ち位置で2大政党以外の選択肢を示したいということだったと思いますが、2大政党がそれぞれ左右の両端から中道寄りまで幅が広く、第三の選択肢をアピールできていなかった印象。
そうだと思うけど、そういう「政治」判断をしないのが、「左派」の特徴。
その結果、トランプ再選となってしまう。

「何人かの民主党候補が進めている極端に左派的な政策アイデアは、そうした政策が経済的な損害を与えると考えている有権者をさらに遠ざけるということも懸念している」
全く支持が集まらない中、名前だけは残した形。
ちょっと残念なニュースです。
スターバックスを世界中に広げた包容力を感じるキャラクターなので、トランプ大統領とは正反対。

ここまで気を遣ってもらい、民主党には党の分断を招いてしまった前回の教訓は忘れてもらいたくありません。
しっかりした大統領候補を擁立してくださいね、民主党。
悲報です。企業家、特に起業されて大成した方に、一国の政治を引っ張ってもらいたい。かねてよりずっとそう思ってきました。ちなみに、僕自信は、最近の(日本の)政治家が「小粒」と言われながらも、それなりに素晴らしい人材を与野党で見ているので、決して蔑んでなどいません。しかし、組織を動かすという一点において、企業家に勝る方はほんのひと握りでしょう。台湾の郭台銘や、米国のハワード・シュルツなど、国民への情報発信力もありながら、政治の世界でその芽をつまれそうになったのは残念至極です。

トランプ再戦阻止は確かに「絶対命題」です。共和党内のトランプ支持グループの頭の悪さにも辟易しましたし、ウイルスに侵された思考停止状態の共和党の姿も、ひるがえって、民主党の無為無策ぶりを象徴しているのかもしれません。シュルツ氏のように、一杯のコーヒーをもって世界を変えた人物が、多くの人材をすくい上げて善政をやってくれることを期待していました。が、残念です。かつて選挙制度について真剣に学んだこともありますが、今の選挙システムによる民主主義政治は、まだまだ改善途上であることだけ申し上げておきます。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.5 兆円

業績

関連記事一覧
中国で店舗数がついにスタバ超え—コーヒースタートアップのLuckin Coffee(瑞幸咖啡)、米IPO時を上回る8億6,500万米ドルを個別調達
THE BRIDGE
300Picks

あなたの会社にも、スターバックスの「フラペチーノ」はきっとある
Agenda note
45Picks

スタバのポイント制度「スターバックス リワード」で 貯まるスターの使い方、有効期限などを詳しく解説! スターバックスカードのお得なチャージ方法も伝授! - クレジットカードおすすめ最新ニュース
Diamond Online
16Picks

スケールが先、利益は後 スタバを脅かす中国ラッキンコーヒーの戦略
Forbes JAPAN
13Picks

ラッキンコーヒーはスタバに勝てない アナリストが指摘
Forbes JAPAN
11Picks

スターバックスの新業態1号店!「スターバックス リザーブ® ストア 銀座マロニエ通り」がオープン
GQ JAPAN
6Picks

バイオフィリックデザインを国内初採用「スターバックス コーヒー 表参道ヒルズ店」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
6Picks

予約できるスタバでゆったり食事 新業態店が銀座に登場
朝日新聞デジタル
5Picks

【インド】スタバ、インドで150店舗に[サービス]
NNAアジア経済ニュース
4Picks

「LINE スターバックス カード」が100万枚を突破! 開始から2.5カ月で
BCN+R
4Picks