新着Pick

10代妊婦に「SNS相談支援」…虐待防ぐ狙い : 国内

読売新聞
厚生労働省は2020年度から、予期せぬ妊娠などで悩む10代を主な対象に、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使った若い妊婦の相談支援を始める。母子の健康を守り、虐待を防ぐ狙いだ。支援活動に取り組む地域のN
1Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
妊娠については命にも関わるし、だけどひとに相談しづらいという意味でSNS相談の強化は必須だと思います。親が妊娠期に孤立を感じないことは虐待予防の大事な要素だと思います。