新着Pick

発達障害のためか、家族や同級生との折り合いがつかない。虐待やいじめのために自殺や自傷を繰り返す〜果穂の場合【生きづらさを感じる人々30】 - 渋井哲也

BLOGOS - 最新記事
発達障害傾向のある人たちは、その固有の性格傾向や症状から、周囲の人たちの関わりが難しくなる場合がある。そのため、家族との関係では、子育ての困難さから虐待を受けてしまうこともある。また、学校ではいじめにあうこともあり、結果として自殺を考えたり、自傷行為をしたりすることもある。社会人になってもその「生きづらさ」から抜け出すことが難しい。小学生の頃から自殺を考えるのは、父から殴られたから「小学生の...
3Picks
Pick に失敗しました