新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業者側としてはキャッシュレスが進むと決済企業によって異なりますが一定数の手数料が発生します。ただ現金管理の手間とコストと手数料のバランスで見た際に、手数料の方が良かった感じでしょうか。
電車の切符と同じ手法だけれども、キャッシュレスが割引になる手法は楽だし、安くなるしで歓迎です。そうでもしないと広まって行かずに現金で戸惑うことが多いと思うので。
記事の最後に例が書かれていますが、「クロネコメンバー割」、「「クロネコメンバーズの持込割」、「デジタル割」「宅急便センター受け取りサービス」を利用すれば、半額に近くなるのですね。
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
7,729 億円

業績